紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

不安に対する対策は、原点を見直すこと。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧

月別アーカイブ

カテゴリ一覧

不安に対する対策は、原点を見直すこと。

2020.03.21 | Category: どうにもならない問題。,院長の考え方

ウィルスの感染対策に怯えてる方も、

 

世界経済的な変動に恐怖してる人も、

 

個人的に本当は何がしたかったのか?を問われてる人も、

 

春休みが気になる学生も、

 

poisonを聴かせても泣き止まない赤ちゃんも、

 

先のわからない危機感では、

 

漠然とした危機を煽った言葉よりも、

 

注目するのは、
数字でしょうかね?

 

数字は科学的で、客観性がありますからねー。

 

 

でも、実は何よりも大切なのは、

 

原点。

 

未来はわからない。ってところ。

 

わからないことを忘れて、

 

報道やマスコミに踊らされない、

直感や判断力を上げるために、

 

見直すのは、修行の部分。

 

すなわち、

「食事」「運動」「睡眠」など、

 

常にお伝えしている日々の行いを修めること。

 

 

更に、
「呼吸」「姿勢」「言葉」の意識。

 

今、できないことじゃなくて、

今、できることを淡々と行う。

 

その上で



願いを見て、

 

目の前のモノゴトにに誠実に、淡々と行動していく。


不安な時は、
たくさんある、自然物を見習って

“孤独にならない”。

 

孤独が必要な時もありますが、

 

大地を踏み締めて、繋がってるを感じるように歩いてみましょう。(^.^)

おそらく自然はもともと幸せなのですから、

おっそわけしてもらえます。笑

 

 

ちなみに3.4.5月は副腎に疲れが溜まりやすいから、妄想も膨らみやすいです。

妄想や幻想感が強い時はせっかくですから先ずは休憩しましょうね。

 

 

 

 

 

 

お米は売り切れ。

2020.03.11 | Category: その他

実家のお米が無くなったみたいです。

去年は災害などで不作だったみたいで。

 

 

人気の漫画。

2020.03.11 | Category: その他

鬼滅の刃がすごい人気みたいですね。

 

私もチラチラと読んではいたので、

大体のあらすじは知ってるんですが、

 

ストーリーは、鬼と、人間の戦いみたいになってます。

 

 

 

が、実はウィルスと人間の戦いなんですね。

 

 

主人公達は、呼吸を使って戦います。

 

そのウィルスが感染したら鬼になるんですが

主人公の妹が鬼に。

だけど共に生きていく道へ。

 

どのような結末になるのか。

 

ハッピーエンドになって欲しいです。

夜泣きの話

2020.03.05 | Category: 夜泣き

こんにちわ。

最近患者さんから面白い話を聞きました。

 

患者さんの赤ちゃんが、

反町隆史さんのpoisonを流すと泣き止むと言う話です。

 

患者さんも知人からそれん聞いて、

ダメもとで流してみたら、ほんまに泣き止んでびっくりしましたと。

 

なんか、

めっちゃ面白くないですか?笑

 

夜泣きは一応は、

タンパク質を上手く分解できない事や、

ビタミンB6不足で、起こるわけですが、

 

いいたいことも言えないこんな世の中じゃあ、poison!

 

で泣き止むのには笑っちゃいました。笑笑。

 

 

理由はわかりませんが、

多分、音程がお腹の中にいた時と似ていて、

落ち着くのかな?と思いました。

 

ピアノ売って頂戴〜の、

タケモトピアノのCMも有名でしたが、脈のリズム感や、お腹音に近い、

poisonには勝てないかなと。

 

 

 

 

痺れについて

2020.02.18 | Category: しびれ,坐骨神経痛,痛みについて。

以前も説明しましたが、

最近多い症状なので、また書いておきます。

 

痛みやしびれは正確には神経症状ではありません。


どうも痛みやしびれを神経症状だと誤解している方、

 

神経症状とは本来は麻痺のことですね。

 

しびれは「ジンジン」というような言葉で表現されますが、

異常知覚のことで筋痛の症状です。

 

筋肉は神経が動かし、沢山の血液がいります。

 

簡単な話、血管障害、

正確には酸欠が起こっているわけです。

 

痛みは自覚症状ですが、

神経麻痺は、他覚的所見です。


つまり痛みとしびれは見た目でわかりません。

神経の麻痺は見た目で分かるという事です。

 

神経は酸素を一番使います。

 

酸素が足りないと、神経の働きは鈍くなります。

 

鈍くなると

神経の通り道は細くなります。

 

細くなると、皮下組織への細胞の栄養は不足してきます。

 

繰り返された結果に、痛みとしびれが起こります。

 

ですから治療では、その細くなった道を太くさせて通りを良くさせていくことになります。

ちゃんとやれば、時間はかかりますが、

良くなってきますね。

腸内環境を改善するべし。

2020.02.17 | Category: 症状の考え方

質問がありました。

 

一番最初に取り組むのは腸内環境ですか?

 

大まかにはその通りです。

 

 

 

 

 

吸収するにも、

排泄するにも腸内環境が大切になります。

 

ただ吸収だけにかかわらず、

排泄力にしても、歪みや、

慢性の炎症が体にある方は、

なかなか改善に時間がかかります。

 

慣れてしまっている生活習慣の中に、

歪みや慢性の炎症を起こす考え方と行動があり、

その時間が普通になってしまっているからですね。

 

 

体の中でも、

特に代表的な慢性炎症を起こしやすい場所があって、

それが、上咽頭・扁桃・腸の3つです。

 

例えば見えないけど、解毒物質や、安心ホルモン、エネルギーを作る際に邪魔になる有害ミネラル。

 

そんな有害ミネラルを排泄するにしても

 

慢性炎症を抑制などの観点からも考えると、

 

先ずは腸内環境の炎症を整えることが、

最重要だと考えます。

 

小児の疾患は特に。

 

 

まとめると、

生活習慣が始まりで、

無理が続きホルモン低下→副腎疲れてきて、

腸内の慢性炎症から→リーキーガットで、

排泄系の低下があり→便秘下痢とか

肝機能低下・解毒機能低下・タンパク質代謝分解低下になり→低血糖も始まり、

吸収機能低下も同時に、→筋肉低下で脂肪つき、

便秘・下痢・老廃物の蓄積から→腰痛、肩凝り、

栄養吸収障害が起こり→むくみ、関節痛、

脳内ビタミンB6代謝障害欠乏から、→酸欠からの神経痛

脳腸、セロトニン、ドーパミン、グルタミン、GABAのバランス異常から、⇒躁鬱症状、

脳細胞の変性⇒失調症や、幻聴、

脳内神経伝達物質の合成低下⇒不眠や、

無意識の行動や思考の偏り⇒、人間関係のストレスの過剰や、

が始まり、慢性疾患がでてくるみたいな感じです。

 

で、腸内環境を改善していくには、

たくさんのことが必要になりますが、

その辺はまた治療中にお話しします。^ ^

気温差によっての体調不良

2020.02.15 | Category: ストレス,内臓疲労,副腎疲労,循環不足,歪み,症状の考え方,自律神経症状

今年は気温差が激しい春ですね。

 

気温差は身体へ、見えないストレスとなり、身体の調子を崩しやすくします。

そこから物事への意欲や集中力が落ちるといったことは、

誰しも日常的に経験しうることだと思いますが、

 

この気温差は、もともとから副腎に疲労がある方や自律神経の不安定な方には結構きついです。

 

温度差による緊張から、

理由もわからない自分への罪悪感や、

悲しみ感情、人からの否定的感情など、

嫌なことが起こったわけでもないのに、

感じやすくなる。

 

そのまま仕事も学校も、社会活動を休みたくなりやすいです。

 

これは私達の身体をささえる、

神経、内分泌、免疫といった、

機能の恒常性の結果でもあります。

 

複雑な生体機能を維持していくために、

必要となっておこるわけですね。

 

これらを解決していくには、

やはりまずは体力が必要です。

 

体力とはエネルギーの循環のことになります。

 

要するに、

食べたものを消化吸収できて、

ちゃんと燃焼させて、

排泄できているか?

ということです。

 

栄養療法はやっている方で何年も変化が無い方には、

この消化吸収できているか?が疑問になるわけです。

 

それらは、内臓と自律神経の働きによって行われます。

 

この働きを良くするために、

背骨へのアプローチが必須になるわけです。

 

受験生の細菌対策。

2020.02.14 | Category: 風邪

昨日の国試の方、お疲れ様でした。

まだ受験が控えている方に、

風邪なんてひいてられないよーと言うことで、食べ物のご紹介です。

 

それは、卵です。

卵アレルギーの方は使えませんが。

 

卵の白身には「リゾチーム」という成分が含まれています。

 

リゾチームには風邪の原因となる細菌を溶かす働きがあります。

 

また白身にはもう1つの優れた成分である「オボムチン」が含まれていますが

 

このオボムチンは腸内の乳酸菌を数十倍に増やしてくれる働きを持っています。

嬉しい作用ですよね。

 

ですからリゾチームとオボムチンの2つの成分の作用によって風邪予防になるわけです。

ただし、

リゾチームは熱に弱い性質を持っていて70℃以上になるとその効果が低下してしまうので、

リゾチームを安定させるために、半熟にしたり、

酢を入れたりして低い温度で調理してください。

 

あとは背中の自律神経節をよく緩めて、

短くても、深い睡眠が大切になりますね。

ウィルス対策!

2020.01.31 | Category: アレルギー,インフルエンザ,花粉症,風邪,鼻つまり

中国武漢では大変なことになっている新型コロナウィルスですが。

 

TVでもネットでも怖がらせてますが、

 

とりあえず、このウィルスは、

エンベロープウィルスといって、

 

エンベロープと呼ばれる脂質膜に囲まれたウィルスです。

 

ヘルペスとか、エボラ、インフルエンザウィルスがエンベロープウィルスになります。

 

 

この脂質膜は、アルコールや石けんの処理で容易に破壊できるので、

WHOがアルコール消毒を有効と言っているわけですね。

 

対策はマスクや手洗いはもちろんですが、

SARSの時と同じく、

中国人の方に多く感染している背景に、

人工的、ゲノム云々は置いておいて、

ビタミンD不足があるんじゃないですかね。

 

ビタミンDはエンベロープタイプのウィルスを抑制する働きがあります。

 

実は、ビタミンD不足の方はかなりいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

日本人も、

結構ビタミンD不足の方はいらしゃるので、冬は特に日光も薄いし、

しっかり摂取されてる方が良いかなと思いました。

 

花粉症とかアレルギーお持ちのかたは特にね。

 

インフルエンザも流行る時期です。

 

受験生の皆さんも気をつけて下さいね。

 

サプリ以外では、ビタミンDは乾燥きくらげや干し椎茸に多く含まれているので、意識して摂取するのもいいかもしれません。^ ^

勿体ない生き方。

2020.01.30 | Category: 注意事項。

なかなか人生うまくいかない時ってあります。

 

それがたまたまだと、

良いのですが。

 

 

たまたまじゃなくて、

自分では色々と頑張ってるのに、

何故?かちっとも改善しない。

 

 

 

そういう方には、

自分を省みるはちょっと厳しいですが、

 

自分を大切にしてもらいたいなと思います。

 

 

だいたいですが、話を聞いてみて、

それらを客観的に見ると、

こんな感じの特徴があるかなと思います。

 

 

遅刻の常習犯。

整体とカウンセリングをごっちゃにして料金は払わない。

良くなったことは伝えず、気になることしか喋らない。

 

これらが当たり前になっていたら、

要注意ですかね。

 

 

 

これは、自分を大切にできていない結果なんですね。

 

 

 

時間は有限だという認識がうすく、やりたいことや大切なことは後回しに。

そして他人に時間を奪い、不徳の蓄積してしまう。

 

 

定まれた料金を無視して、少しでも得しようとする欲により、それ以上に大切な信頼や連鎖の徳を失う。

 

 

自分が他人との関係の中で生きていることに気づけず、孤独になり、ベクトルが過去の暗い方にしか見えない。

 

 

 

という行動を選択しているということです。

 

 

逆に言えば、

その反対のことが無意識出来きている人は、

 

そこそこ、何をしても上手くいっている方が多いです。

 

 

 

時間を大切に管理する。

 

 

その場のルールは尊重する。

 

 

相手に得になる情報を提供する。

 

 

勿体ないなと思います。

 

ちょっと気をつけれれば、

人生にやってくる現象も違うかもしれないのに。