紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

電子レンジの作用 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2018 2月の記事一覧

電子レンジの作用

2018.02.28 | Category: 電子レンジ

電子レンジについては

大切なのでまた書いてみます。

 

電子レンジはどのように作用しているのか?

レンジの中にはマグネトロンという管が入っているらしく、

 

その中で波長約2450メガヘルツ(2.45ギガヘルツ)のマイクロ波を照射する電磁場が作りだされ、物体の電子に作用するそうです。

 

このマイクロ波放射線が、食べ物の分子に作用してるんでしょうが、

 

全ての波動は、周波が一回転する間に極性がプラスからマイナスに変わります。

 

マイクロ波の場合、毎秒何百万回極性が変化しているわけです。

 

磁石に南極と北極があるように、

食べ物の分子とりわけ水の分子にも、

プラス極とマイナス極があるんですね。

 

市販の電子レンジには、約千ワットの交流電力が備えられています。

 

マグネトロン管から生じるこれらのマイクロ波が食べ物を爆撃することによって、

 

マイクロ波と同様に極性をもった分子が毎秒何百万回、回転できる訳です。

 

このように非常に激しく掻き混ぜられた分子は“摩擦”熱を生じ、

 

その結果食べ物が熱せられます。

 

この尋常でない加熱方法はまた、

周辺の分子構造を相当に破壊し、しばし分子を引き裂くか、強引に分裂させているみたいです。

 

この強力な電磁放射線にさらされた原子、分子、細胞は、毎秒1億回転から百億回転の極性転換を引き起こされています。

 

このような暴力的で破壊的な力に耐えられる有機体の原子、分子、細胞など、たとえ低エネルギーのミリワット範囲内でも、

またいかなる時間でも存在しないそうです。

 

自然界の物質は全て極性をもっていますが、

中でも水の分子に含まれる酸素原子が非常に敏感に反応します。

 

それゆえ電子レンジ調理というものは、

その暴力的な摩擦から生じる熱によって水の分子をかき乱す方法なんですね。

分子構造は引き裂かれ、

分子は無理やり解体させられる。

 

構造的異化と呼ばれるこのような過程を経ることによって、質的劣化が生じるということだそうです。

 

これは、熱が外側から内側に対流する従来の加熱方法とは、まさに正反対のやり方ですね。

 

だから、電子レンジは極力控えたいということですね。

 

これとは対照的に、

太陽から放射されるマイクロ波は、

 

摩擦熱を生じない直流の原理に基づいていますね。

同じ熱でも一緒じゃないんですね。

 

電磁波について説明するさいに、

波長、振幅、周波数、振動数などの用語が用いられますが、難しいです。

 

そして正式には政府からは

現在のマイクロ波使用で直ちに危険な証明したものは出てないのですが、

 

とりあえずは、

気が、わかる人や、

キネシオロジーができる人はそれで確認するのが早いでしょうね。

 

咀嚼と認知症と背中の硬さ。

2018.02.27 | Category: 病気のサイン,認知症

認知症になりかけているかどうか、

もちろん、栄養面や、腸の状態は関係しますが、

神経的な外見からの判断の話をします。

 

 

普通に食事をしていると、

健康な人は頭は止まって顎が上下に動きながら咀嚼しています。

 

しかし、背中のゆらぎが無くなり、

硬くなっていく高齢者の場合、

それが頭に入ると、顎ではなくて、頭が上下して咀嚼し始めます。

 

そうなると首の詰まりは相当なものなので、

脳への血流不足から細胞の代謝が低くなり認知症となります。

 

背中のゆらぎがいかに大切かという事ですね。

痛いツボを押さないで。

2018.02.25 | Category: その他,どうにもならない問題。,毒素とは,電磁波問題,食について

痛いツボを押された気分の内容です。

昔は効いていたツボが、効かなくなったり、

昔はこれで良くなってたと言われる整体法が通用しなくなっている背景には、

 

その当時の時代とは、かなりのスピードで変化している環境があることがわかります。

 

たとえば、

朝、けたたましい目覚ましの音で一日がスタート。

朝は食欲がないけれど、

とりあえず

ハム(発ガン性の添加物たっぷり)エッグ(抗生物質入り)と、

 

食パン(ポストハーベスト小麦粉入り)に、

 

マーガリン(トランス脂肪酸ガンのもと)を付けて。

 

飲み物は健康のために牛乳(加工過程で激しく酸化した)を一杯。

 

そのあとハミガキと洗顔(科学薬品で必要な脂まで根こそぎ落とす)

 

髪を整え、メイク(石油製品を顔に塗る)して、会社へ。

 

満員電車(電磁波の嵐)に揺られ、会社到着。

 

インスタントコーヒー(コーヒー味の液体砂糖薬品)片手に仕事に勤しむ。

 

よく利用する会社のウォーターサーバーは、100%純粋な水(自然界にありえない構造)だから、とても安心なんだ。

 

お昼休憩。

昼はコンビニで買ったサンドイッチ(添加物の嵐)と

 

午後の紅茶(砂糖の塊)。

 

最近肌荒れがひどいので安価のサプリメント(栄養より添加物の方が多い)も摂っておこう。

 

歯磨き代わりにガム(味の付いたプラスティック)を噛んで

 

午後の仕事をこなす。

 

就業後、同僚と焼き肉を食べに行くことに。

 

食べ放題焼き肉(成長促進剤やホルモン剤漬けで病的に育った牛)や、

 

フルーツやサラダ(ポストハーベスト、塩素漂白剤漬け)

も沢山食べてお腹いっぱい。

 

そして帰宅後、

お風呂を溜めてる間に、

プリンになってきた髪を買っておいた市販の毛染め液(殺虫剤の400倍の毒性)で染め直し。

 

今日は疲れが取れる入浴剤

(化学薬品が全身の皮膚から吸収される)も入れて、

 

シャワー(世界一塩素濃度の高い漂白剤のような水道水)を浴びて

 

メイク落とし、シャンプー(台所洗剤と同じ洗浄成分配合)して、

 

蒸気(塩素が気化した有害なもの)に包まれていい気分。

 

お風呂から出たら、すぐ化粧水や乳液(化学薬品)を付けなきゃ。

 

プラセンタやヒアルロン酸(毎日付け続けることで肌の再生能力を弱らせる)配合だからお肌に良いんだー。

 

少し小腹が空いたから、カップ麺(コート剤(環境ホルモン)が融解)

 

でも食べようかな・・あっ、やっぱり健康を考えて

 

野菜ジュース(還元濃縮の処理でビタミンの大半が壊れた)にしよっと。

 

今日は焼き肉食べたから、

歯磨き後はモンダミン(化学薬品が口の粘膜から吸収される)もしておこう。

 

寝る前にPC(脳を覚醒させる光)でメールチェック。

 

枕元にケータイ(脳に影響を及ぼす電磁波)を置いて就寝。

 

一日が終了。

 

あー。もう。

現代人の生活がどんだけ毒まみれなのかを突きつけられる内容になりますね。

 

まさに、痛いツボを押さないで〜。と逃げたくなります。

 

だけど毒まみれの生活は、

社会的にどうしても、

仕方ない部分もあると思います。

 

だから、施術技術は常に進化する必要があるのと同時に、

 

何したって一緒やからと考えないで、

10パーセント位の気持ちで、

どこか、

ちょっと回避〜

もしくは対応できると、良いよーと思います。

霊の祓い

2018.02.23 | Category: オカルト話

では霊の働きが鈍る原因を話します。

 

一つは意識が「今」につながっていないことです。

本来この繋ぐ働きは、

今という時に起きるもののはずなのですが、

時空がずれた結合が起きることで混乱するようです。

 

例えば、

今を生きながら意識が過去の経験と接続されているため、目の前の問題が見えてこないといった感じです。

 

マンガのコマがあちこちに飛ぶと混乱しますね。

 

もう一つは、意識を「離す」ができないことです。

 

本来、つなぐは、はなす、とセットです。

 

この「はなす(離す)」を忘れてしまうことで、

 

時間軸であり時空にとらわれてしまって、

意識が自由ではなくなりエネルギーが落ちていきます。

 

例えば、意識が過去の経験と接続されてしまって、それが離せない(記憶のとらわれ )と、いつまでも過去の失敗を繰り返したりします。

 

 

「祓う」という言葉がありますが、

これは「離す」と同義です。

 

「祓う」「払う」ことで「離す」のです。

 

このことから、

今に意識を合わせることと、

意識を自在に繋いだり離したりすることができれば、

霊的には自由透明になり、

 

霊の本来の働き、

すなわちムスビを引き出すことができることが分かります。

 

本来「霊的階層」は空っぽで、

産霊の瞬間にだけ作用する「触媒」のような働きをするらしいのですが、

 

 

そこに様々なごみがたまってしまう事も原因です。

 

もらうのはどうしようもないですね。

 

出来る事は、払い、祓い続けること。

 

そして、ゴミをためないことですね。

 

 

循環させることです。

 

払うからこだわりは薄くなり、

我が本当の我になってきます。

 

例えば

払い捨てるのが勿体ない。

という思いが、

すでにつけてるということになりますね。

 

我が払われてくると、繋がりがはっきりしらじめて、シンクロニシティーと呼ばれる様な現象が起こることが多くなります。

 

武術の稽古も、我の払い落としであり、

お買い物も現金払いですね。

 

 

 

正しいとは、たくさんある

2018.02.21 | Category: その他,武術稽古の養人塾

私は昔から

言ってることがどんどん変わると言われていました。

 

そして、コロコロ変わる事が全然苦痛ではありません。

 

次々に払い、祓い、はらいまくりの人生です。

 

むしろこだわりが、少なすぎる様にも見えることもありましたが、

 

でも実際は物凄く軸はあります。

 

今の真実で生きたいということです。

普遍の追求ですね。

 

施術で言えば、より自然治癒力が出せる方法があるならば、こだわりはありません。

 

だから色々と勉強しています。

 

そして勉強したことは自分で留めずに必要だと思う方へお伝えしています。

 

また、この時点で真実だと思うことをなるべくお伝えしています。

 

とはいえ、

正しいと信じていることも時代と共に、

転換して循環するのも真実です。

 

宇宙?

世界はその正しいの反対の正しいことに出会うようになってそうなんです。

 

そういった意味からこれからの世の中では、

何が正しくて、

何が正しくない。

という論争や言い争いは、ようわからん傾向へ進みそうです。

 

何故ならば、

正しいの反対には、陰陽の如く、

必ずその正しいの反対の正しいが在るのがわかったからです。

 

西洋医学や、栄養学なんて、真反対になることは散々ありますしね。

 

 

だけど、問題があるならばやはり、

時代、時点、ただ今、

この瞬間に、

問題を作りだした人にとっての真実は、

問題を作りだした人の関係性の中に隠れているのです。

 

だから会話で色々とわかるわけです。

 

関係性を無視すると、

 

どうなるのか?

 

この前未来健康フェスタに参加して、

西洋医学のお医者さんが見えないモノの話をされていましたが、

 

この世は、見えるものと見えないものが、

交互にきらきらと光の中でまぶしく球回転したり、

螺旋回したりしているようなのです。

量子力学のことなので、難しいですが、

 

それは、

ぶっちゃけ、観測できるこの世の中のことは、

すべてが正しくて、

またすべてが正しいということが真理になってしまいます。

 

 

だけど、やっぱり

関係性で成り立つ、社会では相対性の

場なので、

そうはならないですね。

 

 

やはり立ち位置、

言語、

行動によって

問題が起こったり、味わえたりします。

 

ワンネスの視点ならば、

バランスを取らずとも、

調和に気づくと問題は問題でなくなりますがね。

 

霊の働き

2018.02.20 | Category: オカルト話

お正月明けは色々と霊の現象が多かったですが。

 

原因は初詣かな?なんて思いながらも、

 

 

今日はオカルト話なので閲覧注意です。。。

 

 

 

 

なんちゃって。(^^)

 

たいした話でないけど、

いわゆる

霊についてです。

 

霊って何?ってことで、

 

霊の働きとは?を少しシェアします。

 

霊は情報です。

実在してないけど存在しているもの。

 

そして霊の働きは、

時空の働きと同じ性質だと言われています。

 

これで、すべてなんですが。

 

神と人、生と死といった関係の根底にあるのも時空です。

 

時空がこれらのものをつないでいます。

 

生と死というテーマをつないでいるのは、

生前の時間、

生きている間の時空、

死後の時間です。

この産霊ムスビであり、

何かと何かをつなぐ力によって、

私たちの意識が時空につながれ、

私たちは生きることができているということになります。

 

霊で言えば、どんなものと繋がっているのか?が大切になります。

 

体調を崩すようなものと繋がってしまうとやっかいですね。

 

人は生まれると、

この世を生きることが始まりますが、

 

言葉がわかり出した頃から、

この四次元時空のタイムラインを歩みだしたことを意味します。

 

また、この世のすべての事象は今という時点の連続だとも言われています。

 

っていうか、今の連続でしか見れないのですね。

一つ一つの写真みたいなもので、

マンガ見たい感じでしょうね。

マンガってコマで見ますよね?

 

そんな今を写真で撮ったあとの今の間を繋ぐものも霊の働きです。

 

 

つまり、この世で起きていることで、

「今という時」以外で起きていることは何一つないわけです。

 

 

過去に新たな現象が起きることはありません。

 

 

こうして、過去、現在、未来という「時間」が生まれます。

 

この時間と切り離された

社会、人間関係、家族、会社といったものは

存在しませんね。

 

すべての現実世界の事象が時間と繋がっています。

 

そして、この未来、現在(中今)、過去という時間と、

 

私たちをつないでいるものは、、、

 

「意識」と情報です。

 

意識と情報から時間がつながることで、

私たちはこの現実を生きています。

 

しかし、この時空意識の乱れによって、霊的なムスビの混乱が生まれていると言われています。

 

その混乱は、あることが原因で起きます。

 

それはまた。

 

 

成功者の哲学

2018.02.18 | Category: その他,カウンセリング

私の知り合いの先生で、

自他共から成功者!と言われる方がいらっしゃいますが、

その方から、

とてもすごい印象的な発言がありました。

 

「自分が正しいと思ったことは、
全て間違っていると思うようにしている」

という言葉です。

 

私も常に全ては仮説であると自分では思っています。

だからブログなどでの話題も、

実際に個人にあって話すこととは真反対の事を伝える事もただああります。

 

例えば、食事から運動、はたまた電磁波問題まで。

 

一人一人状況が同じではないからですね。

 

それになんでも試してみないとわからない事がまだまだたくさんあって。

 

そこに色々な生きる楽しみというか。

 

何か大事なものが隠れている気がするからです。

 

 

だからとても共感できる言葉でした。

 

流石だなと。

 

そして、

「悪いことが起こるのは自分が何か間違っていることのお知らせなのかもしれない。」

 

だから、

「お知らせを貰えて有難い。」

 

そのように感謝すると、

 

悪い流れを瞬時に断ち切ることが出来きるんですと。

 

さらに、そこから先は今までよりも、もっと良いことが起こり続けるようになるのですよ。と。

 

だからもしも、

「いやだなあ…」

ということが起こっても、

感謝で瞬時に断ち切り、自分自身がパワースポットとなるだと。

 

うーん!

ほんと、

素晴らしい考え方の一つですよね。

 

何より自分をご機嫌にさせれますね。

 

人は余裕が無くなったり、慢心していると、自分が一番正しいと考えガチです。

 

大犯罪者も、自分は正しいと思っていると、デールカーネギーも言っていましたしね。

 

だからこそ、

誰でも慢心しないように遊び心が必要ですね。(^^)

ワイハイと電子レンジ

2018.02.16 | Category: 電子レンジ,電磁波問題,食について

ワイハイが電子レンジの壁を外したくらいに危ないと言われている医師の丸山先生の話から、

ワイハイの電磁被曝を抑える必要性をこの間聞きました。

 

しかし、ワイハイだけでなく、

普段の電子レンジ自体もかなり使い方に気をつけたいものです。

 

例えば、批判的な意見になると、

電子レンジの調査された全ての食べ物において、

電子レンジ調理は栄養価の著しい低下をもたらしたデータがあります。

 

全ての食べ物において、ビタミンB群、ビタミンC,ビタミンE、基礎ミネラル分、脂肪動員成分の生体使用率が低下したり、

 

実験された全ての食べ物の生命エネルギー場が、60~90%失われたり、

 

アルカロイド(有機窒素系成分)、

 

グルコシド、ガラクトシド、ニトリロシドの代謝と合成能力の低下したり。

 

肉の中の核蛋白質栄養素の破壊はもちろん、

 

顕著な構造上の破壊。

 

マイクロ波の被曝による稼動中の電子レンジにさらされた人の生命エネルギー場が破壊。

 

 

機械の作動中に、細胞の電位平衡性が、とりわけ血液とリンパ系において減少。

 

人の代謝過程の中で、食べ物を利用する外側の活性化されたエネルギーの潜在能力が低下し、不安定になる。

 

代謝と分解の過程が消化器系から血清中に移行する一方、

 

内側の細胞膜の潜在能力が低下し、不安定になる。

 

大脳前頭野の連絡潜在能力に関して電気的神経信号が弱体化し、回路が破綻する。

 

 

前後双方の中枢神経と自律神経系の神経中枢のエネルギー場の調和が失われ、

 

電気的神経回路が弱体化して破綻する。

 

高次の意識を司る上行網状系内において、

生体電気的強弱のバランスと回路が失われる。

 

マイクロ波発生源より半径500メートル以内にいる人、動物、植物の生命エネルギーが、長期間にわたって累積的に減退する。

 

 

神経系とリンパ系にくまなく残留電磁波がたい積し、その影響が長期間持続する。

 

ホルモンの生成とホルモンバランスの維持が、男性女性双方において不安定になり阻害される。

いわゆるインポや生理不順になりやすいってことですね。

 

マイクロ波電磁波を浴びた人の脳波の、

アルファ波、シータ波、デルタ波の信号パターンが、非常に顕著に妨害される。

学習障害ですね。

 

こうした脳波への妨害ゆえ、

物忘れ、集中力欠如、爆発寸前の抑圧された感情、知的活動の減退、不眠なども出るようです。

 

 

 

丸山先生の病院ではこんなの序の口で、

様々な電磁波問題の被害者の方が体験談を書かれていました。

 

もちろん、電子レンジになんの被害もないという意見もたくさんあります。

 

私達には見えないので、感じるしかないですが。

 

自然療法的な見方になると、

どうしても不安定な要素は手入れしておきたいのが、私の気持ちです。

 

便利さは知識よりも優先され、

 

都合の悪い話はたいていスルーされます。

 

ワイハイも電子レンジも、やはり

 

直ちに影響がないので、

 

忙しい社会ではなおさら頼ってしまうのも仕方ないですしね。

 

被害なんて捏造だという話は、それで苦しんでいる実際のお客さんがいる限りは広められませんね。

電磁波や放射能、化学物質に弱いかもって人には気をつけて欲しいですね。

 

そうじゃなかっても、

 

自分が許せる範囲で使って、

 

時間が許せる範囲で、

できるだけなら使わないみたいな。

 

上手な線引きが出来ると良いですね。

 

 

ミルクを電子レンジは危ない

2018.02.14 | Category: 電子レンジ,電磁波問題

この、ブログを読んでる人にはいないでしょうが、

 

レンジの使い方注意の話です。

 

 

なにに?ということですが、

母乳を温める時にです。

 

電子レンジは食べ物をすばやく加熱しますが、乳児の哺乳瓶を温めるために使うのは勧めれません。

 

電子レンジで温めた哺乳瓶は、

触れても熱くないですが、瓶の中のミルクは大変熱くなっていて赤ちゃんの舌とのどを火傷させやすいです。

 

また哺乳瓶のような密閉容器は、

蒸気が充満して爆発する恐れもあります。

 

さらに哺乳瓶を電子レンジで温めると、分子レベルですが、ミルクの成分がわずかに変化することもありますし、

 

粉ミルクの場合もビタミン類がいくらか失われているかもです。

 

母乳を電子レンジすると、

母乳のもつエネルギーも変わってしまうかもしれません。

 

栄養学的には、

ミルクを電子レンジ加熱するとある、

特定のトランスアミノ酸が合成シス異性体に変化したそうです。

 

合成異性体は、シスアミノ酸であれトランス脂肪酸であれ、生物的には活性化していません。さらに、Lプロリンというアミノ酸の一種は、神経毒性と腎毒性があることで知られるD異性体にまで変化するそうです。

 

 

昔、電子レンジで温められた血液はを投与された人が亡くなる事件があったみたいですが、たかが振動。されど振動ですね。

 

それくらい、何が起こっているのか、まだまだわからないのが電子レンジです。

 

必ず鍋に水を入れてその中に哺乳瓶を浸けて熱するか、

 

湯せんするかして温めて授乳する前に手首にとって味見すれば、数分間余計に時間がかかるかもしれませんが、

 

安全な方法ですね。

 

舌でわかる脳梗塞

2018.02.12 | Category: 脳梗塞や脳卒中

先日お話したコビワンという下着買って履いてみました。

確かに着け心地が良いです。

夏場なんかには最高なんじゃないですかね。

 

腰や前立腺にも効果ありそうですよ。

 

では今日は脳卒中の話です。

 

手が痺れるなんて事が起こると、

脳卒中のサインなんじゃないかと不安になる方がいはりますが、

脳卒中系のサインはたくさんあります。

例えば、

脳梗塞の判断方法の一つとして、

舌を出すというのがあります。

まっすぐに出せれば大丈夫なんですが、

右に曲がったり、

左に曲がったりしたら、要注意です。

その際はすぐに

病院にも行って対策をしてください。

 

一番良いのは、日頃のからのケアですけどね。