紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
MENU
初めての方へ 料金
月別アーカイブ
カテゴリ一覧

治療家とは芸術家である。

2019.03.16 | Category: 芸術家とは

治療家とはある意味、芸術家でもあるような気もします。

 

芸術家とはを考えてみると、

生き方が芸であるとも見れます。

 

では生き方とは?

 

 

 

私はよく、流れを大切にする話をします。

自然界では流れは、生きること。

生きていることの表現の様に感じます。

 

そして、海や川、

水が地球を循環しているように

人の営みも、

仕事も、

寿命も、

人生も、

 

入ってきたものが出ていって絶えず循環しているのですね。

 

自分が得たものも、

入ってきたお金も、

めぐり会った人との縁も、

 

それらを

自分ひとりで抱えている人は、

止めてしまっていたら、

 

実はせっかくの大いなる循環がストップしてしまう表現になります。

 

自分が良いと思うものや、商品や、人は、

人にまたお伝えすることが大切です。

 

 

今持っているものも、

流れものだとして、廻して、人の役に立てるように活用したり。

 

 

お仕事やバイトで稼いだお金は、

みんなに喜んでもらえることに使ったり。

 

 

やってきたり、いただいたご縁も、みんなが良くなっていくようにつなぎ紹介したり。

 

 

そんな循環が巡り巡って、

 

過去の失敗も、失った物や人との別れも、時間がいい形に変化発酵して、

 

良い形にめぐってくるように感じます。

 

 

だから、少しでも失くさないようにと、

過剰に恐れたり、不安になったり、心配したりする必要はあまりなくて。

 

今に必死にしがみつくこともなくて。

 

 

自然の見えない循環を信じて。

自分発信で、

 

自分から、

いい情報や、商品や、モノ、技術、想いを提供して、

 

自分が

いいと思うことをし続けるのが、

 

芸術家であり、生き方であると、

思っています。

 

当日の遅刻やキャンセルについて。

2019.03.13 | Category: 当日のキャンセルや遅刻について。

タイムという洋画を観たことはありますか?

時間を売り買い出来る世界の話です。

 

そう、時間は命なのは映画でなくても同じことです。

 

 

 

時間を大切にすることは、

生命を大切にすることです。

 

 

運の良い方や、

自然を味方になさっている方、

は生命を大切にされている方が多いです。

 

 

当院は現在、

ほぼ完全予約制になっています。

 

もちろん、当日のご予約も承ります。

 

それに伴って、

当日の遅刻や、

前日お昼過ぎからのキャンセルは、

 

キャンセル料がかかることは料金表にてお伝えしていますが、

 

改めてご了承ください。

 

 

スピリチュアル界の格差

2019.02.16 | Category: スピリチュアル

近頃、

スピリチュアルと呼ぶのが近い方たちとの交流があります。

 

スピリチュアル、要するに、

見えない世界の話のこなんですが。

 

どうも、

ちょっと違うんじゃないかなと思ったりもしてます。

 

 

それは、スピリチュアルの中の格差社会です。

 

現実世界でも、上流、中流、など格差があり、

 

お金という便利な情報の偏りによって、

格差が生まれてしまいましたが、

 

 

今は平等が存在してそうなスピリチュアルな世界でも、神や神に仕えるものや、

なんやかんやとランクを作ってるみたいで。

 

 

 

ちょっと凄いと言われているような方がそういう話をされたのには、

少しゲンナリしましたが、

 

それもまぁ、1つの 暇つぶしになるんでしょうね。

 

でも、その次元の話はくだらないなぁ。笑

 

ルームで治療。

2019.02.04 | Category: 静かな施術。

皆さま、お久しぶりです。

 

そして、明けましておめでとうございます。

本年も、どうぞよろしくお願いします。

 

最近、当院では、

ただそこにあるものと、

友達になる事をやっております。

 

それは、いわゆる背景だったり、

空間だったりするのですが。

 

人は、

実はそこにあるものに守られて生きているようです。

 

それは赤ちゃんでの羊水のように、

脳脊髄での、脳脊髄液のように。

 

静かに存在しています。

 

それらに気づいて施術を行ってもらうので、

それらも含めて、味わって頂ければと思います。(^ ^)

 

 

 

花粉症と腎と部屋

2018.12.17 | Category: 武術稽古の養人塾

東洋医学では、

恐れは「腎」を傷つけると言います。

 

腎臓は肝臓で解毒された血液を再利用する為にろ過して、 いらない分を尿にする役割がありますが。

 

そんな風に分別される血液ですが、

分別される血液って、ついさっきまでは自分だったわけで、

 

今の今まで自分だった血液をろ過し、
それを手放していくのは、
考えてみれば「恐い」ことなんですよね。

 

 

だから腎臓には、

本当にコレを 捨てていいのかな~?

やっぱ後で使うことないかな~?

うーん、やっぱりとっておこうかな~?

といった「不安」や「恐れ」が敏感に影響してしまうのです。

 

あー気がつけば、部屋やおうちは、

モノや資料でいっぱいとなります。

 

部屋はその人を現すとはよく言ったものです。

 

 

で、この時同じように体内においても、

 

体内老廃物が排泄しきれない、捨てれない、血液が濃ゆいー。

ということが
起こりやすくなってしまうのです。

 

花粉症がきっかけで出てくる恐れと、

恐れに起因する鼻炎。

 

血液の浄化が腎臓でうまくいかないので、

体内に入る前に、

濃ゆいなら、

鼻水で薄めてしまえ~

と、なるわけですね。

 

新しい局面な季節に対応できるほどに、

まだ体内が整理整頓されていない。

 

整理整頓する時間がないなら、

 

思い切って、

半年間、目を通していない書類、リーフレット、などなど、そのうちに必要になるかも物質を処分してしまう。

 

そうやって、
新しい季節を迎える準備を、

生活の空間から整えていくと、

 

腎臓にもいい影響を及ぼせるかもです。

 

え?わたしには無理かな。笑

自分好きなんで捨てれません。笑

 

また腎臓の筋の刺激ポイントは後ろにありますから、

自分で刺激するのは難しいです。

 

そんな時にはプライドを捨て、

 

勇気を持って人に頼んでみましょう。

花粉症やアレルギー対策は今から!

2018.11.13 | Category: アレルギー

花粉症の対策は、

もう今から始めておいた方が良いですよ。

 

それは、副腎と腸への対策になります。

 

具体的な事は院にてお伝え致します。(^。^)

ブログの件

2018.10.30 | Category: お知らせ。

いつも当院のブログを見ていただきありがとうございます。

 

実は、

 

しばらくブログを書くことが出来ない状況になりました。

 

まだまたたくさん用意はしていたのですが、、

 

 

 

グーグルの新しい対策により、

しばらく書くこと難しくなりました。

 

 

 

かなりの情報を提供していたと思いますが、

これからは、整体や、カウンセリング、

勉強会などでしっかりお伝えしたいと思います。

 

時々は、専門的な話は書けるといいなと考えてはいます。

 

 

 

頭痛の解消

2018.10.29 | Category: サプリメントの,脳疲労,薄毛,頭痛

頭痛で悩んでいる人はたくさんいますが、

当院に通われている方々は、

頭痛から解放されたという声がたくさんあがります。

 

その理由は、

頭痛の原因がわかっているからです。

 

人によっては、

パソコンを長く使って、

スマホのゲーム、

携帯で長い会話、

睡眠不足、

首や肩のコリ、

生理痛、

きっかけは、たくさんあげれますが、

 

脳に障害がない場合以外での原因は、

 

疲労。

 

もう少し具体的に言うと、

 

 

頭を使う作業をすると、脳は酸素を消費しますね。

そう、

酸欠です。

 

 

だから頭痛はまず第一に酸欠を改善しなければ解決されないわけです。

 

 

頭痛が酸欠かどうかは頭を触ればわかりますが、

整体で酸素の通りを良くしても、

 

 

 

特に不飽和脂肪酸を大好きな人は、

酸素をたくさん使われてしまいますから、

 

ビタミンEも摂取して、

 

不飽和脂肪酸の自動酸化を防ぐことが出来れば、

酸素の無駄使いが減ります。

 

 

 

 

ビタミンEの多い食べ物は、アーモンドですね。

他にも鰻や、かぼちゃ、赤ピーマン、鮎なんかにも。

 

ただ、頭痛が慢性の方は、

酸化してない信用のあるサプリを摂取した方が早いですね。

 

ビタミンEは抗酸化の作用がありますからね。

 

また、ビタミンCや、タンパク質は、

頭痛の、ストレスによってたくさん必要ですから、一緒に摂取されると良いですね。

 

 

おやつにポテチを食べたあなたは、

酸素の無駄使いをしているわけです。

 

はい、私はポテチ大好きなので気をつけたいと思います。(^。^)

 

水琴を聞きながらの整体

2018.10.27 | Category: 水琴

江戸時代の天才茶人、
小堀遠州が考案した水琴窟って知っていますか?
すいきんくつと呼びます、
究極のヒーリング、癒し音響装置だそうですが、
何故に
癒しの音響となるのか?
伊勢神道の秘伝では、
宇宙創造の始まりの神、
アメノミナカヌシは「天之水中主」であり、
水は万物の根源。
今でも様々なことがわかってきていますが、
水琴は、
この万物の水と水がぶつかり響きあう音を、
効率よく抽出する仕組みを持っているそうです。
小さな音色でも、
部屋の端まで奥行きのある共鳴音が届く
オクターブ音を倍音と呼びますが、
この響きの秘密は、
その倍音(オクターブ音)にあるようです。
水と水の響きの中で、
倍音が倍音を生み、
可聴範囲をはるかに超えた100kHzにまでおよぶ、
倍音の無限連鎖を安定的に発生するようです。
水琴の生の水滴音を、
音量計で計測すると、
100デシベルを超えていて、
100デシベルって、
どの位の音かというと、
高架下で聞く電車の音くらいの大きな音だそうです。
でも、実際は
水琴の音はよく響きはしてますが、
あまり
大きくは感じません。
これは、
音量計が耳に聞こえない高周波音で、できているからだそうです。
そして、
そんな聞こえない音が
とてつもなく役に立つみたいです。
例えば、
自然界にはある、
私の好きな波の音とか、
山の小川のせせらぎの音とか、
 鳥のさえずり、
風のささやき。
心地よくないですか?
それは、倍音が豊かで高周波領域にまで及んでいるからです。
小川の両岸の木々の梢が水流の方へと傾斜するのは何故か?
これは水が欲しいからじゃなくて、
幹や枝は高周波倍音が心地よいからだといわれています。
水は根が吸うものですからね。
ところで、
現代社会には騒音だけで倍音がありません。
熱帯雨林の環境音の周波数上限は、
約100~KHzであるのに対し、
都市の環境音の周波数上限は、
約15KHzしかない。
人間はもともと自然の高周波空間に住んでいましたから、
低密度であり、単調である、
冷蔵庫やエアコン、
コンピューターや、
自動車など単調な低周波(人工周波)音では、
慢性的なエネルギー不足も解消が難しくて、
頭や細胞にストレスがたまり、
心身が蝕まれやすいのは想像できますね。
で、
それを救うのが水琴だということで。
水琴がある部屋で瞑想すると実に深い境域に入ることができるそうです。
しかも、
水琴の音を聞くためにイヤフォンとかをはずす必要はないんですって。
水琴から発生する連鎖的な高周波倍音は、
聴覚ではなく、
皮膚にダイレクトに作用するから。
ということで、
長くなりましたが、
荻野接骨院では少しでも身体に優しい場になり、体も心も癒されるように、
水琴を設置しました。(^。^)

足の冷え症

2018.10.25 | Category: しびれ,しもやけ,プロテイン,冷え症,,歪み,症状の考え方,自律神経症状,足のつり,頭痛

朝晩は寒いですね。

私は夏は普段から裸足に雪駄ですが、

流石にそろそろランニングシューズに履き替えてみたりしてます。

 

それでも、足が冷えるということは余りありません。

 

もちろん、寒いところでじっとしてたら冷えてきますけど。

動けば暑くなります。

 

冷え性と思われる方は、動いていても冷たい足の方のことでもあります。

 

先日も、すごい短いスカートで脚を出していた女子高生が、冷え性なんですと言ってきました。

 

でも、

この場合は、誰でも冷えますので。笑

 

冷え性の方には特徴があります。

まず生理痛。

そして浮腫み。

 

 

原因は循環不全ですが。

 

整体で改善しない方には

 

栄養失調が隠れてあります。

鉄分、ビタミンB群、

要はタンパク不足です。

 

血中のタンパク質であるアルブミンが少ないと、血中のタンパク濃度を高めるために水分は血管外に出されてしまいます。

 

そしたら、むくむのは想像つくかと思います。

 

むくむという事は、水の風呂に足をつけている状態。ちょっと大袈裟ですけどね。

 

まあ、結果的に冷えますよね。

 

タンパク不足ならば、鉄分も少ないから酸素の供給も少なくなりますので、疲労物質もその水分に混ざります。

 

そんな状態を整体だけで完治することは難しいですね。

 

自律神経のバランスをとったり、

ねじれや歪みを緩和させたり、

神経の電気の閾値を高めたり、

筋肉を柔らかくすることはできますが。

 

それらも、血液をしっかりと送るためのものであり、

 

血液の質はやはり食べ物にありますから。

 

両輪を改善して初めて冷え性が完治したといえます。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里3-4-10-103 浜口マンション
駐車場
電話番号06-6305-1401
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
※お電話は、受付時間内での対応となります。
休診日木曜、日曜、祝日(臨時受付日有)