TEL 24時間受付 メール問合せ

秋から続く慢性な咳や蕁麻疹を防ぐには? | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ストレスの記事一覧

秋から続く慢性な咳や蕁麻疹を防ぐには?

2020.10.04 | Category: しもやけ,アレルギー,ストレス,セルフケア法,手湿疹,自律神経症状,食について,首のコリ,高血圧,鼻つまり

秋になって、急にアレルギーの様な症状が出ている人はいますか?

 

今年は梅雨が長く、

夏は暑く、

更にコロナ騒動が続き、精神的にも疲れ、

普通にかなりの体力を使ってしまっているかと思われます。

 

いわゆる肉体的なストレスですね。

 

 

しかし、コロナ騒動の報道も少し弱まり、

朝晩が涼しくなってくると、

いわゆるストレスの解放が始まります。

 

これらは、

肉体的ストレスが緩んだことによって、

副腎から放出されたアドレナリンの作用が弱まり、

 

皮膚や胃腸の血管は緩み広がり、

心臓の筋肉も弛緩し、

気管支や骨格筋の血管は収縮します。

 

 

ストレス時には、

血液の酸素量を少しでも

脳や筋肉に素早く送り出す為に、

 

皮膚や胃腸の血管は収縮し、

心臓の筋肉も収縮し、

気管支や骨格筋は血管を拡張させていたからです。

 

 

そうなると、

急激に解放された皮膚には、

蕁麻疹や、

胃腸には胃潰瘍のような痛み、

胸の痛み、左肩の痛み、首や関節の痛み、

気管支にはぜんそくのような咳症状が出てきます。

 

これらは、過緊張から→過解放への、

急激に変化したことによる、血管と血液の摩擦によって起こります。

 

 

では対策は?

 

これは過緊張に対するだけの体力を、

日頃の生活習慣の中で培いつつ、

 

整体や体操などを取り入れて、

過緊張を小まめに解放するような時間をつくる!

になります。

 

 

ですから、症状がある時だけ整体するとか、体操するではなく、

 

日頃から、小まめにがミソになります。

 

過緊張を、小さく、小さく、解放です。

 

 

 

定期的に行うことが治療としても大切なんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手技の見た目と中身の違い。

2020.09.26 | Category: ストレス,五十肩,便秘,側弯症,内臓疲労,坐骨神経痛,腰痛

今日は先生方へのブログ内容です。

 

手技の多さよりも、

一つの手技からどれだけ必要な刺激を入れれるかが大切だ。

 

これは、本当に大切な哲学です。

 

同じように見える手技でも、

術者の意識次第で身体へのアプローチはまったく違ってくるからです。

 

例えば肝臓。

肝臓へは横隔膜神経がつららってますが、

肝臓が動きや筋膜が硬くなることで、

横隔膜神経が反射を起こし、

同じ髄節の筋肉が硬くなります。

 

頸椎の3番から5番から横隔膜神経は出てますが、

頸椎の5番からは上肢への神経が出てますので、

結果的に右肩が痛くなったり、

硬くなったりします。

 

五十肩に似た慢性肩痛とか。

 

右の腰痛や、坐骨神経痛では、

 

肝臓が重くなって、大腸や小腸を圧迫すれば、

 

痛みを伝えるレセプターの

TRPA1が、敏感になります。

 

そうすることで、痺れや痛みが出てきます。

 

左側でしたら、

肝臓の門脈が、鬱滞している場合に、

左側の静脈も鬱滞し、痛みが出てきます。

 

更に胸椎7.8番も硬くなるので、

連動して腰痛が起こったりもします。

 

 

内臓の手技のメインは動きです。

 

ただ手を当てているわけではありません。

 

クライアントの生活習慣の中から仮説をたて、

動きを作っていくわけです。

 

治すのはクライアントですが、

治る環境へ導くのが整体手技と哲学です。

 

ちなみに、サプリが苦手な方は、

タンポポの根や、

レモン水などがおすすめです。

細菌、ウィルスからの慢性病

2020.09.24 | Category: しびれ,めまい,アルツハイマー、認知症、レビー小体,アレルギー,カンジタ菌,ギックリ背中痛,ストレス,パニック障害,不眠症,五十肩,便秘,副腎疲労,,循環不足,手湿疹,指の痛み,毒素とは,生理痛,痛風,痩せすぎ,,肩こり,脳疲労,腰痛,膝痛,自律神経症状,頭痛,顎関節痛,食について,首のコリ,首の症状,鼻つまり

慢性病に細菌やウィルスが関係している話です。

 

例えばうつ病。

 

過労や強いストレスが、なぜうつ病を引き起こすのか?


この謎の答えの鍵を握るのは、

ウイルス由来のたんぱく質です。

名前はシスワン。

 

これは、東京慈恵会医大の研究チームが確認されています。


このたんぱく質は

うつ病の発症リスクを大幅に高めるそうで、

慈恵医大の近藤一博教授らは長年、

疲労とウイルスの関係を調べ、

疲労が蓄積すると唾液(だえき)中に、

「ヒトヘルペスウイルス(HHV)6」が、

急増することは突き止めていました。


HHV6は、

赤ちゃんの病気である、

突発性発疹の原因ウイルスです。

ほぼ全ての人が乳幼児期に感染し、

以降ずっと体内に潜伏感染しています。

 


普段は休眠していますが、

体が疲れるとHHV6は目覚め、

「弱った宿主から逃げだそう」と、

唾液中に出てくるそうです。

 

その一部が口から鼻へ逆流する形で、

においを感じる脳の中枢、

「嗅球(きゅうきゅう)」に到達し、

再感染を起こしてしまうと。

再感染してしまうと嗅球で、

「SITH(シス)1(ワン)」、

というたんぱく質が作られます。

 

この働きで、

脳細胞にカルシウムが過剰に流れ込み、

脳細胞が死んでいくことを、

培養細胞やマウスの実験で突き止めています。

さらに、

嗅球の細胞死によって、

記憶をつかさどる海馬での、

神経再生が抑制されてしまうとも。

まとめると

過労やストレスからうつ病が発症するには、

 

過労などでHHV6が唾液に出る、

嗅球に再感染し、SITH1(たんぱく質)を作る、

SITH1(たんぱく質)によって嗅球や海馬などで脳細胞の状態が激変する、


結果的に意欲減退などが起きる!

と言う感じです。


体調の悪い方や、病気の方の多くは、

化学物質や食品添加物、

農薬などなど、外から侵入してくる物質には、引っ越しなんかをしたりで

気をつけてらっしる人も増えてきましたが、

意外なことに、

自然に満ちた場所や、

エンゲル係数の高い食事療法をしている方にも病気の方は多くいます。

 

それは、
長引く慢性ストレスで、

副腎が疲弊しホルモン生産能力が低下してきた時や、

 

もしくは持続ストレスから

解放された時、

 

体内の過去に罹患した場所に細菌やウィルスが集まるからです。

 

扁桃炎なら扁桃に、膀胱炎なら膀胱に、中耳炎なら中耳に、腸炎なら腸に、

一生涯、細菌やウイルスは存在して生きますので、


その場所に、

共存した細菌やウイルスが、

細菌やウイルスが増殖し、

毒素(たんぱく質)を生産します。


さらにそれらの細菌ウイルスは既に薬に抗体を持っているので、

もう薬では殺すことはできません。

 

ずっと慢性的に咳をしている人なんかはコレですね。

 


小腸でカンジタ菌が作る毒素もタンパク質です。

小腹ぽっこりの人は注意。


ヘルペスを筆頭に、

本来、弱い細菌やウイルスが、

「ゾンビ」に変化してきています。

顔面神経麻痺、

突発性難聴、

体内の関節炎から、

慢性炎症などなど、

多くの病気の原因に耐性をもって、

細菌ウイルスが関係しています。


うつ症状やアルツハイマー病、

若年性痴ほう症などもその範疇です。

 

 

対策は?

いつも言っていり通りの生活習慣が大切です。

早寝早起き。

散歩。

食事の頻度と量。

ストレスへの考え方。

身体への適度な圧刺激。

 

まず、小麦や乳製品を減らすことから始めもしょう。

 

 

 

 

ラッキーマンになるには?

2020.09.14 | Category: オカルト話,カウンセリング,ストレス,スピリチュアル,成功者の法則

昔、ラッキーマンという漫画やってたのを知っていますか?

 

ラッキーなヒーローが最強なんだというコンセプトなんですが、

 

そんな、ラッキーとか、

 

運が良いとか、

 

ツキについて、

詳しくは、意識とツキの関係性を研究してきた先生の話を聞いたことがあります。

 

その方が言われるには、

一つが、

ツキは気分に関係してることがわかりました。

 

例えば、

気分が高揚してワクワクしてるとき、

 

力まないで「欲しいもの、なりたいもの」をぼんやり思ってるとき、

 

何か目標に向かってるとき、

 

そして、

リラックス(欲得無しに無心になってる)してるとき

 

人にも自分にも尽くしているとき、

 

見えないところでのトイレ掃除活動。

 


こんな状態の時に比較的にツキを呼び込んでいるようです。



この三拍子が上手く揃うとツキを呼び込むことが出来るとのこと。

 

 

これって、

 

ドーパミン、セロトニン、オキシトシンが、

上手く三拍子揃っている時ってことですね。

 

 

 

 

 

幸せホルモンと副腎疲労。

2020.09.12 | Category: アレルギー,ストレス,パニック障害,不眠症,便秘,副腎疲労,口内炎,,循環不足,成功者の法則,手湿疹,痩せすぎ,睡眠,脳疲労,自律神経症状,薄毛,認知症,起立性調節障害,頭痛,鼻つまり

脳科学的には、

幸せを感じる結果は身体に作用する

ホルモンです。

 

例えば、現在人が大好きなのが、

やる気によるドーパミン。

 

これは目標を達成したり、

プロジェクトに成功したり、

スポーツで優勝したり、

大金を手に入れたり、

仕事で昇進したりなど、

達成感や高揚感、ドキドキ、わくわく、

いわゆる成功をした時にでる、

報酬系のホルモンです。

 

 

 

 

もう一つは、

昔の日本人が大切にしていた、

繋がりで感じるホルモン。

オキシトシンです。

 

夫婦や恋人、友達や、パートナー、

信頼できる人などと、一緒に過ごしたり、

スキンシップをとったりされたり、

コミニュケーション交流、

人に親切にしたり、されたり、

社会貢献や、遊び、感謝など、

ありがとうございましたと、笑顔で

言葉を使う場所でたくさん分泌されます。

 

 

最後は人生に幸せを感じている人が良い多いホルモン。

セロトニンです。

 

これは、散歩中に風を感じたり、天気を味わったり、花に見惚れたり、と、

やすらぎや、癒し、気分を些細なことから味わう時に分泌されやすいです。

 

 

 

現在人はどちらかといえば、

ドーパミン刺激に慣れ過ぎてしまい、

刺激の小さなこのセロトニンが少ないですね。

 

 

セロトニンが少ないと、

不安や心配、イライラ、嫌な事を思い出したり、考えたり、落ち着きがなくなり、

いわゆるネガティブな思考になってしまいます。

 

隣の人と相応になりたい、

お金持ちになりたい、

楽して暮らしたい、

豪邸に住みたい、

などはすべてドーパミン的原動力です。

 

働きすぎて身体を壊してしまう人や、

認められたくて、頑張りすぎてしまう人、

追い込んでしまう人、期待に応えようとしてしまう人。断れない人。

もドーパミンで副腎疲労になってることに気づけません。

 

ドーパミンは、そのまま不眠につながりやすいです。

目覚め、興奮をおこしますからね。

 

先ずは夜更かしからやめていきましょう。

 

 

 

 

 

悲劇の主役から、主体ある視点へ

2020.09.10 | Category: カウンセリング,ストレス,スピリチュアル,セルフケア法,パニック障害,成功者の法則

悩んでる人で、ドツボに嵌り、

循環不全を起こしている時、

 

動きが出ない原因は?

 

これです。

 

 

他人のこと、

未来のこと、

感情のこと、

天気や地震のこと、

 

など。

 

 

そう、すべて、

コントロール出来ないものに意識が向いている時です。

 

他人の起こす行動や、

気持ち、

考え方を変えようとする。

 

相手を振り向かせようとしたり、

 

愛されようとしたり、

尊敬されようとしたり、

 

先ず、無理ですよ。

なんともなりません。

 

実は自分の焼きもちや、怒りの感情も、

コントロールは出来ません。

 

 

新型ウィルス、

すなわち茶番劇のコロコロ風邪の騒動がいつ終息するのか、

コントロールできません。

 

相手が指示に従うのか

 

子供が宿題をするのか、

 

大雨が降るのか、

 

すべては結果の世界であり、

すなわち運の支配する領域と解釈していた方が、

 

不安や心配に振り回されないでいれます。

 

 

 

 

感情を吐き出すと?

2020.08.28 | Category: カウンセリング,コーチング,ストレス,セルフケア法,パニック障害

感情を吐き出すと、物事が整いはじめます。

 

身体からくるストレスがあれば、

感情からのストレスもあります。

 

気がつかない内に溜まっていっている、

たくさんの感情。

 

そんな感情に気づくには?

 

とりあえず観察して感情を吐き出すと良いです。

 

もしくは、信用の出来る人に聞いてもらうとか、

ブログにありのままを書き出したりしてみるとか。

 

 

 

感情や気分は自分の内側に起こっている、

やってくる自分です。

 

だから、良いも悪いもありません。

 

ただ

感情や気分というものに振り回されてしまうと、

 

その状態次第では、現状のパフォーマンスに大きく影響してしまうということがあります。

 

振り回されているその状態に気づかずに、

生きてしまうと、

それが自分だと勘違いしてしまい、

その状態に酔い、

生活も乱れてきたりします。

 

 

携帯電話で言えば、

アンテナみたいなものです。

 

場所と時によって向こうの都合で、

 

突然に圏外から、

1本、2本、3本と、

状況によって変化しています。

 

圏外だと、

どんなにいい機能を持った携帯電話も、

通じませんね。

 

その理由は、携帯電話のせいではありません。

 

 

人の心も勝手にさまざまな感情が生じ、

その感情という心状態に

自分の働きは影響を受けやすいようになっています。

 

不機嫌の感情に満ち溢れていれば、

いわゆる圏外です。

 

 

それに気づかず何か行動をして、

上手くいかないと言っているのは、

圏外にもかかわらず電話してしまっているのと同じです。

 

 

自分のアンテナである感情に気づくことは、

古来から尊敬されてきた人達も伝えてくれていました。

 

そして、

それが始まりでもあります。

 

何度もいいますが、まず、

感情によいとか悪いなど存在しないと、

認めるところから始めて、

 

どんな感情でも、

それに気づけばいいのです。

 

感情や気分、

気持ちにはどんなのがありますか?

 

ありのまま見てみましょう。

 

例えば、

イライラ、楽しい、うざい、がっかり、嬉しい、ワクワク、ドキドキなどです。

 

出来事や行動、あるいは思考や考え、

そして体の状態、

例えば眠いや疲れたなど答える人がいますが、

それは感情ではありません。

 

綺麗とか美味しいも、感情ではありません。

 

綺麗は景色で美味しいは料理です。

 

それらは、

外側の出来事を表現する形容詞にすぎません。

 

感情ではありません。

 

今自分はどんな感情なのか考えて書き出してみましょう。

 

 

感情のアンテナが安定し始めるはずです。

 

 

慢性の痛みと睡眠の質。

2020.08.24 | Category: めまい,アレルギー,ストレス,不眠症,内臓疲労,副腎疲労,口内炎,,坐骨神経痛,幻聴、幻覚の原因,歪み,毒素とは,疲労,痛みについて。,睡眠,肩こり,腰痛,膝痛,自律神経症状,起立性調節障害,難聴、耳鳴り。,電磁波問題,頭痛,首の症状,鼻つまり

今日は睡眠が疼痛に関わるという事を、

再度お話しします。

夏もいつの間にやら秋に入ろうとしていますが、まだまだ夜更かしの人が多いんじゃないでしょうか?

まずきちんと寝るということ。

それがどういう事かを解説します。

 

日中をしっかりと起きていて、
夜に自然な眠気が出るということが
生命にとって大事な事です。


そして夜寝ることによって、
体が疲れていたりだとか、
そういったことが回復していきます。

 

疲労は夜に回復するわけです。


実はこれは痛みにとっても同じなんです。

 

自律神経的には、
日中は起きるために交感神経が主に働いて、

夜は副交感神経が働いて眠りに着くのですが、

この副交感神経が働き、

いわゆる休まる、

リラックスする、

ということが起こっていくわけですが、

基本的に寝れてなかったりとかすると、

交感神経が高い状態が続くので、

 

痛みにおいてもリラックスすることが
出来なくなって、

ずっと痛い状態が続きます。

 

それが慢性化していくということです。

 

 


それは脳に記憶されて、

慢性の疼痛になっていくという事が言えます。

 


ではその背景がどういうことなのか?

生理学的に解説していきましょう。


夜きちんと深い眠りを取ること、
睡眠の最初の90分をきちんと寝る事で
成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンが、
いわゆる細胞の修復だとか
そういう事に必要なのです。

 

特に22時から2時の間がたくさんでる黄金タイムです。


ですが、

夜明るい電気をつけ過ぎていたり、テレビ、
パソコン、スマホを見すぎていたりだとか、

そういうことをすると、しっかりとした深い眠りに入っていかないのです。

 

そして、
浅い眠りのまま朝を迎えてしまうと、、、

寝不足が起こると。


体が回復しないといった、流れが出てきます。

逆に日中自体も、しんどくて、
ストレスをどんどん感じていると、

副腎からコルチゾールの分泌というものが
凄く激しくなります。

コルチゾールというのは、
抗ストレスホルモンですね。


副腎から出て、これは眠りにもすごく関係しているのです。

朝起きる時に、
コルチゾールが凄く使われるです。

大体3時くらいから出て、ピークは8時くらいなります。

成長ホルモンと副腎皮質ホルモンの交差する時間が丑三つ時になります。

 

しかしながらストレスだとか、

いろんな環境的な要因だとか、栄養、歪み、

そういったものが体にかかっていくことで、

朝のコルチゾールが枯渇して、分泌しなくなっていきます。


こういう状態が長く続いていくと、

いわゆる”副腎疲労症候群”といわれるような
状態になっていきます。


寝ているのに、
日中ずっとダルい状態が続いていったり、

抑うつ気味になっていったりだとか、

そういった状況が訪れていきます。


そして痛みを感じる状況というのも、

慢性的に続いていくという事が起こっていきます。


よって、睡眠と痛みというものは、
凄くホルモン的にも関係しますし、

メンタル的にも関係するということです。

質の良い睡眠を慢性疼痛の方に
とっていただくためにも、

睡眠の2時間前から、

電子機器を扱う事は

控えてもらうようにしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

意識からくる感情。

2020.04.19 | Category: その他,カウンセリング,ストレス,スピリチュアル,セルフケア法

昨日、今日と20時からミスチルのライブ配信がありまして、

ちょっとテンション高いです。(^ν^)

嬉しいーっす。

 

今ライブを聴きながら、

ブログ書きますねー。

 

 

自分が今、

どんな意識の状態であるのかで、

世の中から飛んでくる、

メッセージの解釈は変わります。

 

まさに栄養と一緒。

個体差です。

だから面白いです。

 

では、

あなたの意識はいまどんな状態でしょうか?

どんな感情を表現していますか?

 

 

正直、外部の理由は関係ないです。

何故ならほとんどが脳での後付けだからです。

 

 

 

意識に、

恥を持っている人は、屈辱さ惨めさを表現し

罪悪感を持っている人は非難を表現し、

無気力を持っている人は絶望を表現し、

悲しみを持っている人は後悔を表現し、

恐怖を持っている人は、不安を表現し、

欲求を持っている人は、渇望を表現し、

怒りを持っている人は、憎しみを表現し、

プライドを持っている人は、軽蔑を表現し、

勇気である人は肯定を表現し、

中性である人は信頼を表現し、

進んでいる人は楽天的を表現し、

包含している人は許しを表現し、

理性の人は理解を表現し、

愛の人は、尊敬を表現し、

悦びの人は平穏を表現し、

ピースな人は至福を表現し、

悟りある人は、言語を超えてる。^ ^

 

 

せっかくの人生、

どんな人であるかは、

人任せにしないで、

 

自分で決めて、言葉で表して、行動に換えていく。

のが理想的ですね。

 

今、私は言語を声にならない音を出してます。

 

 

言語を超えてます。笑

 

 

気温差によっての体調不良

2020.02.15 | Category: ストレス,内臓疲労,副腎疲労,循環不足,歪み,症状の考え方,自律神経症状

今年は気温差が激しい春ですね。

 

気温差は身体へ、見えないストレスとなり、身体の調子を崩しやすくします。

そこから物事への意欲や集中力が落ちるといったことは、

誰しも日常的に経験しうることだと思いますが、

 

この気温差は、もともとから副腎に疲労がある方や自律神経の不安定な方には結構きついです。

 

温度差による緊張から、

理由もわからない自分への罪悪感や、

悲しみ感情、人からの否定的感情など、

嫌なことが起こったわけでもないのに、

感じやすくなる。

 

そのまま仕事も学校も、社会活動を休みたくなりやすいです。

 

これは私達の身体をささえる、

神経、内分泌、免疫といった、

機能の恒常性の結果でもあります。

 

複雑な生体機能を維持していくために、

必要となっておこるわけですね。

 

これらを解決していくには、

やはりまずは体力が必要です。

 

体力とはエネルギーの循環のことになります。

 

要するに、

食べたものを消化吸収できて、

ちゃんと燃焼させて、

排泄できているか?

ということです。

 

栄養療法はやっている方で何年も変化が無い方には、

この消化吸収できているか?が疑問になるわけです。

 

それらは、内臓と自律神経の働きによって行われます。

 

この働きを良くするために、

背骨へのアプローチが必須になるわけです。