紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

不安に対する対策は、原点を見直すこと。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 院長の考え方の記事一覧

不安に対する対策は、原点を見直すこと。

2020.03.21 | Category: どうにもならない問題。,院長の考え方

ウィルスの感染対策に怯えてる方も、

 

世界経済的な変動に恐怖してる人も、

 

個人的に本当は何がしたかったのか?を問われてる人も、

 

春休みが気になる学生も、

 

poisonを聴かせても泣き止まない赤ちゃんも、

 

先のわからない危機感では、

 

漠然とした危機を煽った言葉よりも、

 

注目するのは、
数字でしょうかね?

 

数字は科学的で、客観性がありますからねー。

 

 

でも、実は何よりも大切なのは、

 

原点。

 

未来はわからない。ってところ。

 

わからないことを忘れて、

 

報道やマスコミに踊らされない、

直感や判断力を上げるために、

 

見直すのは、修行の部分。

 

すなわち、

「食事」「運動」「睡眠」など、

 

常にお伝えしている日々の行いを修めること。

 

 

更に、
「呼吸」「姿勢」「言葉」の意識。

 

今、できないことじゃなくて、

今、できることを淡々と行う。

 

その上で



願いを見て、

 

目の前のモノゴトにに誠実に、淡々と行動していく。


不安な時は、
たくさんある、自然物を見習って

“孤独にならない”。

 

孤独が必要な時もありますが、

 

大地を踏み締めて、繋がってるを感じるように歩いてみましょう。(^.^)

おそらく自然はもともと幸せなのですから、

おっそわけしてもらえます。笑

 

 

ちなみに3.4.5月は副腎に疲れが溜まりやすいから、妄想も膨らみやすいです。

妄想や幻想感が強い時はせっかくですから先ずは休憩しましょうね。

 

 

 

 

 

 

身体と何かを比較する思想

2019.11.18 | Category: 当日のキャンセルや遅刻について。,成功者の法則,院長の考え方

仕事で成功しても、

人間として失敗したら、

何の意味もない。

 

こんな言葉を先日聞きました。

 

そうだなーっと思いつつも、

男性思考の頭では、

とはいっても、〇〇は大切だから!

とか言い訳も出てきたり。

 

ところで、

物理的な物質の世界から、

 

夢や言葉、イメージの様な抽象的な世界は、

まったく別のものに感じますが、

 

実はその境目ははっきりしていないことは、

ご存知でしょうか?

 

イメージの結果に身体のような物質が存在しているわけで、

 

当たり前の話なんですが、

人生を生きる為には身体が必要なんですね。

 

それだけでなくて、

逆に考えても、

例えば、

夢やイメージの世界を、

物理や物質の世界に落とし込むためにも、

 

物質である身体が必要なんです。

 

そう、考えると、

そんな大切な身体を何かと比較して、

 

時間が無いとから、

〇〇が無いとから、

〇〇しなきゃいけないからとか、

 

言ってる時点で、

 

 

実は理想の夢やイメージは叶いにくくなっています。

 

っというか、

占い師じゃないけど、

その人の人生が色々と上手く行ってない事は予想できてしまう訳です。

 

 

世間や社会、仕事の世界も大切ですが、

 

そういう思想だけでなく、

 

見えてる物質である身体も大切にしてみては?

 

見直しに簡単なのは、

睡眠、

食事、

運動。

この三つ。

 

バランスよく管理出来てますか?(^^)

私も気をつけよっと。

解釈の違い。

2019.10.27 | Category: その他,院長の考え方

痛みにだけフォーカスしない、

病気にだけフォーカスしない、

みたいなブログを書いて直ぐに、

 

あるクライアントさんから、

感謝の言葉を頂きました。

 

 

このクライアントさんは、

自分に起こる現実に、

すべて大丈夫っ!オッケーよ!と言う意識で物事を理解される方で、

 

とても健康的な方です。

 

健康的ですが、予防の為に、毎日を快適に、そしてやりたい事をいつでもやれるように、来院されています。

 

そんなクライアントさんが、

最近は、ちょっと

痛みにフォーカスしてしまって、自分をいじめていたように感じる、

身体に感謝することを思い出しました。

と言ってくれました。

 

 

 

 

 

同じくブログを読んでも、まったくそんな解釈にない人もいるでしょう。

 

 

みんな解釈は違ってしまうのは、

人は一緒ではないからです。

 

 

 

だけど、どの様に解釈することが、

 

自分の人生を、自分の行きたい目的地に連れて行ってくれるのかは、

ある程度、予想も想像もできます。

 

 

 

 

真剣にするから楽しい。

2019.05.13 | Category: 院長の考え方

令和になりましたね。

元号は、大化改新から始まり、

政治的にも、言霊的にも色々な意味があるようです。

 

そんな令和ですが、

いきなりの大型連休で、

頑張らずに生きよう!

を体現させられた方も多かったんじゃないでしょうか。

 

そんな頑張らないで生きよう〜

の裏には、

 

 

やりたいことがわからない。

何にも楽しくない。

面白いことが無い。

 

と感じる方も増えているようです。

 

何故か?

 

それは真剣にやることを忘れているからです。

 

世間の流れである、

手を抜き楽をして生きようのムードに

乗せられては気づきにくいモノが、

真剣さ。

 

 

例えば仕事は真剣にする。

 

何を仕事と捉えるかは人それぞれなのですが、

趣味でも、なんでも良いです。

 

とりあえず、

 

 

人生グダグダに感じる方、

 

それは真剣になれば、

なんか楽しくなります。

 

 

 

 

 

 

矯正方法

2019.04.16 | Category: 院長の考え方

矯正の方法は、

大きく2つあります。

 

直接的にする直接法と、

 

間接的にする間接法です。

 

 

直接法は、即効性があるし、矯正した感じもバッチリあり、重宝されるやり方ですが、

 

最近は間接法を重視しています。

 

 

強制的な矯正法では、

形は変わっても、体の細胞までは変えれないと気づいたからです。

 

 

待つことが出来るか。

2019.04.02 | Category: 院長の考え方,静かな施術。

そして真の治療とは、

 

患者の意志が、

自然の潮流の意志に

 

委ねるようになった時に、

 

始まるもので。

 

それを待つことが大切であり、

必要なこと。

クマさんからの贈り物

2018.09.30 | Category: どうでもいい話,カウンセリング,院長の考え方

またまだプーさんから学んだことをシェアします。

 

プーさんの家にある表札の名前が

MR.SUNDERSになっていることに気づいた人はいはりますか?

 

じつはサンダースさんは、前の住人の名前だそうです。

 

でも、文字の読めないプーさん。

 

表札は気になりません。

 

世界の素晴らしさに意識があるから、

 

名前は気にならないみたいです。

 

 

映画でも、

プーさんは、朝起きると、考えるポーズを取ります。

 

何をする時間だったか考えているのですが、

 

考えるのを止めると、お腹か空いて、

お腹を空かせる体操をしてから、

はちみつを食べます。

 

そう、

考えると悩みが生まれます。

 

考えるを止めると、

悩む必要がなくなります。

 

 

そして、

何を食べるにしろ、

学ぶにしろ、

自分の中でに取り込むならば、

先ずは空っぽになること。

 

空っぽにする体操がより味わいをつくります。

 

 

プーさんは、どんな仲間とも仲良しです。

トラのティガーは乱暴でうるさくて、傲慢ですが、一緒にいても、

気にしません。

 

海が無数の川を受け入れられるのは?

いちばん低いところにいるから。

 

要するに謙虚なのですね。

 

謙虚さが無くなれば差別が始まります。

 

 

 

あなたがもしも、

何か上手くいかないことがあったら、

ただじっと待つこと。

 

待ってると、向こうからチャンスや誘いがやってくる。それを掴むと何もかもが上手くいく?笑

はずはないですが。

 

迷子になったプーさんをクリストファーロビンは探してくれました。

動き回らず、待つことも時には大切ですね。

石の上にも三年ですね。

 

 

 

プーさんは、

雨の日は雨を。

晴れの日は日差しを楽しみます。

 

そしてはちみつを食べます。

 

どんな状況でも、幸せは心の中にあるから。

 

 

大人になったクリストファーと一緒に会社の事を考える為、休まずに出勤すると約束した上司。

だけどゴルフという自分視点の都合で、会社には来ませんでした。

 

たやすく約束する人は、

たやすく約束を破るということです。

 

そしてそんな人は大切な信用を失います。

予定がわからない約束はやめましょう。

 

でもわざわざ約束をして守る人は信用されるということでもありますね。

 

信用とは?繋がりですね。^ ^

 

 

大人になってクリストファーの外見が違っても、一目で友達のことはわかるプーさん。

プーさんが幸せな理由の一つに
それは良き友がそばにいてくれることがあります。

 

百エーカーの森でみんなが居なくなったのが、冒険の始まりです、

 

良き友を得ることは、

聖なる道の半ばではなく、

聖なる道のすべてを手に入れることである。

と、

 

仏陀も言ったとか。

真の友はお金では買えません。

どんなに成功しても、真の友がいないと寂しいかもしれませんね。

あなたは良き友がいますか?

 

友に恵まれている人は最高の財産を持っているようなもの。

 

今あなたが良き友達に囲まれているなら、

それは幸せ者ですねー。

 

退屈な電車の中で

プーさんは、

情報を集めるんじゃなくて、

心はおバカのようで、

ピュアで。

頭は空っぽ。

 

ただ、見えるものを口にするゲームをします。

 

そんなプーさんだからみんなに好かれます。

 

今に生きる。

 

何もしないと、

身体が動く。

 

 

こちらから求めても見つからないものは、

待ってると向こうからやってくる。

 

動と静のバランス。

 

あるがまま、まさにタオ。

 

頑張らないで、したいことをしているプーさん。

 

社会では難しいですが、

だからこそ、

見習うところが只々ありますね。

 

 

 

整体技術の微差

2018.09.28 | Category: その他,当院の特徴,成功者の法則,整体教室,武術稽古の養人塾,躾け,院長の考え方

整体といっても、たーくさんの流派があり、

長所短所があります。

 

一流のエリアに足を踏み入れてくると、

 

整体技術の微差がわかってきます。

 

微差とは、ほんのちょっとの違いのこと。

 

私はいつもこの微差を大切にしています。

 

またこの微差を詰めるのが勉強であると私は思っています。

 

例えば、

 

武術の良いところは、

実は、

誰にでも出来ないところです。

 

もちろん、

簡単にできることから始めますし、

その内にやれば出来ると思ってしまいますが

 

実際はそんなに簡単ではありません。

 

いつ、だれが、どれだけ、どんな場で、どんな風にという外因を想像した上で、

 

それ通用するように稽古をしているのか?

 

などを想定した場合、

ものすごく繊細な感性が必要なります。

 

見た目は一緒でもすごく難しい。

 

易しい誰にでも出来ることはあまり役に立ちません。

 

 

 

私がそれに気づいたのは二十代の時。

当時通っていたH師の武術研究道場で、

H師がなさる事を、長年稽古していた先輩も、誰も出来なかったのをずっと目の当たりにしていていました。

 

その後にお世話になったU師の沖縄空手でも、まったく出来る人がいない。

 

神戸の示現流K師の道場でも。

 

見事な手刀で丸太をカットするN師でも、

 

千葉の忍者H師のところでも。

 

 

 

でも、

それが面白いんです。

 

私の師たちのように、

 

誰にでも出来ること習って何がおもろいねん。

とまでは言いませんが。

 

 

確かに、

動きは真似ができますが、

 

見た目は一緒でも、内面が、奥行が違ったりします。

 

作法が変われば作用も変わりますから。

 

出来ないから価値があると思えるかどうか。

 

 

これは仕事の話も同じ考えです。

 

ビジネスの原理原則を考えた時に、

 

楽で

簡単で、

すぐ出来て、

誰でも出来ますってことは、

他の人も実践できます。

 

 

 

つまり、

ライバルが多くなるので結果的に、

気がつけば、めちゃくちゃ難易度が高い仕事になるわけです。

 

となると、

 

誰にも出来ないくらいの技術を得ることが、

 

誰にでも出来きる位置とは微差の位置となり、

 

それが本当の楽しくて、

面白くて、優しい仕事になります。

 

 

当院の整体技術は、優しいです。

 

だから、簡単には真似も習得もできません。

 

私でないと出来ない技術があります。

 

だけど、

最近まで当院の整体を何年も勉強に来られている先生達は、

かなりの技術になってこられました。

 

これは嬉しいですね。

教え方が上手いのでしょうか?笑

 

 

いえ、やはり意識と行動の継続。

 

一つ技術を極めるには、やり方を含めてあり方など、それ相応の時間が必要だということです。

 

 

本物と偽物が分かりづらくなっている世の中ですし、

 

その差はますます微差かもしれませんが、

 

中途半端でなく、

本物の時代がやってくるかもしれません。

 

その微差を追いかけるのがプロであると言えるのだと思っています。

 

 

 

 

 

秋の花粉症と感情解放

2018.09.26 | Category: くしゃみ,アレルギー,カウンセリング,ストレス,内臓疲労,,歪み,毒素とは,疲労,病気のサイン,症状の考え方,,自律神経症状,花粉症,院長の考え方,風邪,鼻つまり

9月も終わりかけ、満月と団子、、、。

秋らしく涼しくなってきましたね。

半袖から長袖に衣替えをしようかと思うこのごろです。

 

私は長袖好きなんですよ。

 

理由は秘密です。

 

秋と言えば、肺の季節。

 

そして

 

秋花粉。

 

身体は、春に似た花粉症というカタチにして、

 

感情を解放する、

 

という見方がありますが、ご存知でしたでしょうか?

 

前に書いたかな?

 

 

例えば呼吸器が原因だと、

 

小刻みにつづく咳を伴うくしゃみ、

鼻水、

かゆみに、

涙。

 

まるでベソかきですよ。

 

泣きたい気持ちをぐっとこらえきた鬱滞を、

表現する姿って、

想像できますか?

 

 

いわゆる猫背のような背中を丸めた姿勢で、

 

胸を引き下げてお腹がつぶれ。

 

肺や心臓を包みこむ

胸の肋骨の可動域を硬く緊張させて、

 

ガチガチにせまく窮屈にさせていきます。

 

もちろん、

呼吸は浅くてやりにくいです。

 

肩はカチカチ山で硬いです、

 

そんな硬さを自然である身体は、

なんとか元に戻したい。

 

だから、

風邪、肺や気管支の疾患と呼ばれる活動や、

 

いわゆる
アレルギー性鼻炎などと呼ばれる活動によって、

 

その気がつかずに溜めてきた感情を、

 

涙と共に

くしゃみや、

咳、

 

呼吸器系の疾患で表現したりするのですね。

 

 

まるで泣いてるかのように。

 

鼻炎症状で、咳やくしゃみとともに出る涙、

あなたのその涙を舐めてみたことはありますか?

 

もしも悔し涙や、怒りの涙は、

 

塩辛いそうです。

 

これは交感神経作用で、じわっと出て、量が少なめ。ナトリウムを多く含んでいるからです。

 

また、

悲しみの涙やうれし涙は、

水っぽい味みたいですね。

 

 

こちらは副交感神経作用で生じ、カリウムが多くなるからです。

 

眼のかゆみとともに流す涙も、

去年からずっと押しこらえてきた泣きたい気持ちを、代弁しやすい現れとも見れます。

 

 

また涙には、気持ちをリセットしてくれ易いですね。

 

プーさんは泣けますよ。

 

映画で泣けなくなったならば、

 

是非に花粉症で泣きましょう。

 

 

貯めたものは淀んで腐りカビが生えますから。

楽しいことって何?

2018.09.24 | Category: その他,カウンセリング,武術稽古の養人塾,院長の考え方

プーさんを見てたらディズニーランドに行ってみたくなりました。

 

だって、楽しそうなんですよね。

アトラクションやパレード。

 

どんな人も楽しいのが好きなはずです。

 

 

それは、

子供だけじゃなく、大人も、どんな人も、

誰でも、

 

出来れば楽しませてほしいと思って生きているんじゃないでしょうか。

 

 

 

それでは実際に、

 

楽しませてあげるとはどんなことを想像しますか?

 

 

何か面白いことを言うこと?

いいですねー。

 

笑わせるようなことをしてあげること?

楽しそうー。

 

飲み会に誘うこと?

身体には気をつけてねー。

 

カラオケに連れて行くこと?

ミスチル一緒に歌うべー。

 

遊園地に遊びに行くこと?

わくわくするよー。

 

ってな感じで、

いろいろなことで一緒に楽しませることはできるかもしれませんが、

 

最終的にはそれはモノや出来事依存にしやすくなっていきます。

 

 

それは楽しいというのを否定しているわけではありませんが、

 

それで楽しませていると勘違いしていると、

 

そのうちに、

楽しいことしてくれないとか、

楽しいところに連れて行ってくれないって、

文句が出てきてしまうのがオチです。

 

 

特に子供ぽい大人や、

子供なんかはその傾向が強くないですか?

 

つまんないって、言われませんか?

 

 

それでは人は何が楽しいのでしょうか?

 

 

実は、

モノや出来事に頼らない、

 

自分一人でできる楽しさを、

教えてあげる、

または体験させてあげることが大切だったりします。

 

 

それは一生懸命が、楽しいということ。

 

特に男性には、

一生懸命やっていることを褒めてあげることです。

 

一生懸命が楽しいとなれば、

 

いつでもどこでも自分で楽しいをつくっていける人生になります。

 

つまらーん。退屈ぅー。おもんないー。

が減っていきます。

 

子供がテストで 100 点とったから嬉しいというのではなく、

 

親ならば、子供が一生懸命にやったから嬉しいと伝えてあげること。

 

ここ大切です。

親が嬉しいことを子供たちは楽しいと感じていくのです。

 

 

子供の頃に一生懸命が楽しいのだという体感と経験がどのくらいあるのかということが、

一生の楽しさを生み出すヒナ形となるのです。

 

子供のサッカーなんかもそうです。

 

勝ったら楽しいのではなくて、

一生懸命が楽しいのだという価値観を共有しましょう。

 

もちろん、それは大人になっても遅くはないみたいです。

 

私は大人なってから、

一生懸命の楽しさをみつけましたから。^ ^

 

 

私は整体や武術を通して人と身体と向き合えて、

しかも一生懸命に実践しないと、

まーったくわからないことだらけですが、

 

その場に降りてくる感覚とか、

身体の不思議とか楽しいですよー。

 

 

伝わる人に伝われば良いなと思ってます。(^。^)