紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

整体技術の微差 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 当院の特徴の記事一覧

整体技術の微差

2018.09.28 | Category: その他,当院の特徴,成功者の法則,整体教室,武術稽古の養人塾,躾け,院長の考え方

整体といっても、たーくさんの流派があり、

長所短所があります。

 

一流のエリアに足を踏み入れてくると、

 

整体技術の微差がわかってきます。

 

微差とは、ほんのちょっとの違いのこと。

 

私はいつもこの微差を大切にしています。

 

またこの微差を詰めるのが勉強であると私は思っています。

 

例えば、

 

武術の良いところは、

実は、

誰にでも出来ないところです。

 

もちろん、

簡単にできることから始めますし、

その内にやれば出来ると思ってしまいますが

 

実際はそんなに簡単ではありません。

 

いつ、だれが、どれだけ、どんな場で、どんな風にという外因を想像した上で、

 

それ通用するように稽古をしているのか?

 

などを想定した場合、

ものすごく繊細な感性が必要なります。

 

見た目は一緒でもすごく難しい。

 

易しい誰にでも出来ることはあまり役に立ちません。

 

 

 

私がそれに気づいたのは二十代の時。

当時通っていたH師の武術研究道場で、

H師がなさる事を、長年稽古していた先輩も、誰も出来なかったのをずっと目の当たりにしていていました。

 

その後にお世話になったU師の沖縄空手でも、まったく出来る人がいない。

 

神戸の示現流K師の道場でも。

 

見事な手刀で丸太をカットするN師でも、

 

千葉の忍者H師のところでも。

 

 

 

でも、

それが面白いんです。

 

私の師たちのように、

 

誰にでも出来ること習って何がおもろいねん。

とまでは言いませんが。

 

 

確かに、

動きは真似ができますが、

 

見た目は一緒でも、内面が、奥行が違ったりします。

 

作法が変われば作用も変わりますから。

 

出来ないから価値があると思えるかどうか。

 

 

これは仕事の話も同じ考えです。

 

ビジネスの原理原則を考えた時に、

 

楽で

簡単で、

すぐ出来て、

誰でも出来ますってことは、

他の人も実践できます。

 

 

 

つまり、

ライバルが多くなるので結果的に、

気がつけば、めちゃくちゃ難易度が高い仕事になるわけです。

 

となると、

 

誰にも出来ないくらいの技術を得ることが、

 

誰にでも出来きる位置とは微差の位置となり、

 

それが本当の楽しくて、

面白くて、優しい仕事になります。

 

 

当院の整体技術は、優しいです。

 

だから、簡単には真似も習得もできません。

 

私でないと出来ない技術があります。

 

だけど、

最近まで当院の整体を何年も勉強に来られている先生達は、

かなりの技術になってこられました。

 

これは嬉しいですね。

教え方が上手いのでしょうか?笑

 

 

いえ、やはり意識と行動の継続。

 

一つ技術を極めるには、やり方を含めてあり方など、それ相応の時間が必要だということです。

 

 

本物と偽物が分かりづらくなっている世の中ですし、

 

その差はますます微差かもしれませんが、

 

中途半端でなく、

本物の時代がやってくるかもしれません。

 

その微差を追いかけるのがプロであると言えるのだと思っています。

 

 

 

 

 

施術院を廻る難民お客

2018.08.15 | Category: 健康とは,定期ケア,当院の特徴,院長の考え方,難民お客

あらゆる施術院を巡り廻る難民と言われるお客さん。

 

どこに行っても治らない、

もしくは治っても、

何か気に入らないところを見つけては施術院を、

 

整体や整骨院をコロコロと変える人達。

 

当然、その傾向の方が当院にも来られていました。

 

保険受付をしていた時で、

今はいはりませんが。

 

この方々の特徴は、

前の病院や整骨院の先生のやり方の悪口から始まります。

 

 

確かに本当に情けないような施術所も、

バランスの法則から見ればあるでしょうが、

 

 

大抵の施術家の悪口を散々言われます。

 

しかも、まあまあ通ってらっしゃった上で。

 

だから、当たり前ですが、

私の悪口も他では言われるようになる事は目に見えています。

 

いつか時期がくれば、難民スタイルから抜け出せると良いのですが。

 

 

 

 

身体と会話をするということはもちろん、

 

身体を健康にするということは、

 

何ヶ月や、何回と言った施術で、起こることではありません。

 

細胞どうしが信頼し始めるというか、

 

それこそ、

何年や、何十回と言った会話の中で、

 

やっと身体が話しかけてくれて、

始まる行為なんですね。

 

 

 

そうなれば、

身体は本当の事を話してくれたり、

人生のことを話してくれたりして、

健康については、安心して生きて行けるようになったりします。

 

 

それが整体なんだと思います。

 

 

 

健康の定義を間違わない

2018.04.19 | Category: セルフケア法,予防,健康とは,定期ケア,当院の特徴,歪み,病気のサイン,症状の考え方,痛みについて。,,自律神経症状,院長の考え方

改めて健康とはについて。

 

荻野接骨院でも、やはりまだ少数の新規のお客さんは、健康の定義を、

要するに

健康の基準を痛みだと持ってはる人がいます。

 

痛みを基準にした場合のゴールは、

痛みが無い、

いわゆる感覚が消えた、

痛みを感じないこと!

身体の存在感が、無くなったこと!

と、いう事になりますが、

 

それって、本当に健康って言えますか?

 

痛みを感じない病気がありますが、

そうい方は二十歳まで持たないと言われています。

 

また、痛みや違和感が無かっても知らない間に癌になってたと言われる方もたくさんいはりますね。

 

 

要するに、健康の定義は、

痛みを消す事だ!にしてはいけないよ

というのが、言いたいことになります。

 

痛みにも意味があるのです。

役割が、あるのです。

 

 

では健康とは、

一言で言うならば、

細胞が正常に機能している。

ということでありますが、

 

違和感を感じる事ができる、

痛みを感じる事ができる、

身体のサインを、

心の声を、

細胞の声を、

聞いてあげることが出来る人が、

気づけることができる人が、

 

まずは健康な人と言えますね。

 

 

この健康の定義があって始めて、

セルフケアも、

食事療法も、

当院の整体も、

 

水を得た魚の如く、活きてくると言えます。

 

マタニティー、妊娠中だからこその整体

2018.04.11 | Category: マタニティー,不妊施術,予防,定期ケア,小児へのアプローチ,当院の特徴

当院では、

妊娠中のお母さんを通して、赤ちゃんへの整体をやっています。

 

不妊施術で来られる方にも、

妊娠してからが大切だという話はしていますが、

 

それは、お母さんの妊娠中の状態が、すなわち子供の状態の基礎となるからです。

 

お母さんを整体することによって、

赤ちゃんへの成長の邪魔する因子を排除出来るからです。

 

子供はほっといても成長しますが、

上手に成長するということは、

動きの問題から、言葉の問題、

自立の問題や、人との関わり方などにまでに繋がります。

 

また今は自閉症の子供がすごく増えていますが、

これらも、お母さんが妊娠中に優しく整体することによってかなりの予防になります。

 

今、不健康だという方がいらしたら、

実はその最大の原因はお母さんにあるとも言えるのです。

 

だから、お母さんには是非子供のためにも、

そして自分自身の為にも整体を受けはることをお勧めします。

 

当院の施術法は、人体の固有振動に合わせた、

人の自然治癒力を最大限に引き出す事が出来る操法だからです。

ゆらゆら背骨揺らして体調が良くなる

2017.12.03 | Category: DRT,エネルギー施術,当院の特徴,自律神経症状

当院では

心体でなく、心情、心魂、心霊まで調整します。

怪しいかな。笑

 

ゆらゆら背骨を揺らして背骨から、

首の1番、2番の骨を調整し、

自律神経を安定させるゆらゆらテクニックも使っていますが、

実は普通のゆらゆら系ではありません。

(様々なゆらゆら系の施術術を勉強してきましたが。)

 

心体だけでなく、心情、心魂、心霊まで調整したりします。というのも、全て繋がっているからなんですね。

 

身体という点から線、

感情という線から面、

魂という面から空間、

霊という空間と時間ですね。

 

ですから、あらゆる原因に効果が現れるわけです。

 

別の言い方ならば、

気体の浄化で呼吸を整えて、

液体の浄化で体液の流れを整えて、

柔体の浄化で柔らかな筋肉に整えて、

個体の浄化で骨格を正す。

 

 

よく霊障だけを見て欲しいと言われることがありますが、

つながっているので、

一つの現象だけをというのは無理な話だったりします。

個体が円滑にならなければまた、霊障問題は解決できません。

 

体調が良くなれば、問題の次元も変わっていきます。

 

 

 

自然の摂理からは逃げれない。

2017.10.06 | Category: しびれ,めまい,アレルギー,ギックリ背中痛,五十肩,便秘,健康とは,側弯症,内臓疲労,当院の特徴,手首の症状,指の痛み,生理痛,疲労,病気のサイン,症状の考え方,痛みについて。,筋肉痛,股関節,肩こり,背中の症状,腰痛,膝痛,親指痛,難聴、耳鳴り。,頭痛,顎関節痛,首のコリ,首の症状

たまにですが、

整体を受けても、また痛くなるんやけど。

と言われてる場合があります。

 

 

当院の整体は痛みをわからなくするのではなくて、

しっかりと自然の摂理に従う方向で調整します。

 

 

ですから当たり前に無理をしたり、

 

負担をかけ続けたりすると自然の摂理通りに痛くなったり違和感は現れます。

 

 

じゃあ整体の意味は?

 

となるならば、自然の摂理である身体を治す力を、十分に発揮できる様にする事が意味あいになります。

 

 

 

それはすなわち、無理な負担をかけ続けなければ良くなるようになる訳です。

 

 

これらは当たり前の事であって、

それは魔法でも、薬でもない訳です。

 

ただし、ここに解剖学的な構造変質がある場合になると、話はまた変わってきます。

 

それは自然治癒力では難しいので、

施術の協力が更に必要となります。

マイナスイオン発生器を使ってます。

2017.08.17 | Category: その他,アレルギー,インフルエンザ,オカルト話,予防,当院の特徴,電磁波問題,風邪,食について

先日、箕面の山に行ってきました。

山は体力の増加にもなるし、

マイナスイオンがタップリで、

ただぼっーとしていても身体が気持ちいいです。

箕面は滝や川があるので、なお気持ち良いですね。

 

そんなマイナスイオンを荻野接骨院では、めちゃくちゃ発生させる滝イオンってのを購入し、設置しました。

 

マイナスイオンが良いのかどうかは、

実は賛否両論ですが、

現在は、プラスイオンに偏っていますから、

そう言った意味ではとても効果があります。

 

 

例えば、身体の酸化防止や、電磁波除去、臭いの中和、などの他たくさんあるみたいです。

 

風邪気味の時とかにも良いみたいですので、

ただ、部屋で待ってるだけでも、

回復力が違います。

 

 

お盆が開けて、風邪ひいてる人多いですからね。

寝不足、暴食からクーラーの乾燥、冷たいものなどで、腸を弱らせ、喉痛、そこから、頭痛、発熱、筋肉痛、最後は咳ですかね。

腸からギックリ腰にくる人も何人かいましたが、

薬を飲んでもシップを貼っても、

治ったわけではないですから、

ちゃんと、寝て、バランス良く食べて、

体力を回復させないとしんどいのが続きますよ。

背骨のゆらぎと、自然治癒力の発動!

2017.08.06 | Category: 当院の特徴,歪み

今日はちょっと難しい話。

 

物事は秩序あるものから無秩序の方向に動く。

これをエントロピーの増大といいます。

 

この絶対である自然法則に待った!

と発言して、

 

無秩序から秩序ある方向に動くこともあるやん!と、

それを自己組織化とよぼうやー!

と、1980年にエンリッヒ・ヤンツさんは提唱されました。
このエントロピーに逆行し秩序を形成するシステムの可能性を

 

物理学的にゆらぎと呼んで、

 

1960年代末に、イリヤ・プリゴジンという凄い賢い人が、

散逸構造論としてまとめて

発表してノーベル化学賞を1977年に受賞しました。

 

無秩序と混沌の中で絶えず発生する

ゆらぎが

ポジティブ・フィードバックを引き起こした時に、

自己組織化の過程を通して、

混沌から秩序ある構造が自発的に生じてくるという考えです。

 

なんか、わかりにくいですよね。

 

普通に起こらない奇跡の事って言ったら簡単ですが、

 

なんともわずかながらの可能性のことを彼はゆらぎと呼び、
全てが、粒子自体が勝手に崩壊に向かって進む宇宙の中で、

なんか知らんけど、
バラバラと勝手に動いてたら、

奇跡か?偶然か?という感じに起こる隙間的、偶発的な要素が起こって、うまいこといったわ!

って感じです。

 

また、

自己組織化とは、

幾何学的な形状を持つ雪の結晶の成長や、

孔雀の羽に浮かび上がるフォトニック結晶構造に由来する模様や、

シマウマのゼブラ模様、

心臓の鼓動など、

様々な自然現象の中にも見出すことができる、

生物の細胞がDNAを設計図として機能を持った組織を作り出す現象も、

極めて高度な自己組織化の結果と考えられている。

と、ウキペディアに書いてます。

 

 

そもそもエントロピーの法則は強力で、

 

例えば企業も社会もまたこの法則から逃れることはできず、

今までの企業観はより安定を求めるために、

社会環境に適応できることこそが、

善とされていたので、

不安定なゆらぎを排除してきました。

 

国や会社はできるだけゆらぎをなくすために、

法律や規則を作って来ました。

 

だけど、

時代は変わりつつあります。

 

 

 

まだ、なんか自転車の法律とかまで厳しく作ってますけど。

 

 

 

混沌から秩序ある構造が自発的に生じてくることなど考えも及ばないからですね。

 

時代はゆらぎを求め始めています。

 

私は沖縄大好きなんですが、

なんか雰囲気がもうゆらいでいるからかもしれません。

 

ゆらぎも自然の一部です。

 

当院ではゆらぎを使った背骨の調整をしています。

 

ゆらぎは、自然治癒力を起こす道とも言えます。

 

ゆらぎを持った自然治癒力は、破壊、老化という混沌に逆らい、

 

整体されていくからです。

頸椎の調整の大切さと、意志放棄

2017.06.10 | Category: しびれ,その他,どうにもならない問題。,めまい,アレルギー,インフルエンザ,エネルギー施術,ギックリ背中痛,ペット施術,マタニティー,不妊施術,不眠症,予防,五十肩,交通事故,便秘,内臓疲労,冷え症,前立腺,唇の症状,外反母趾,小児へのアプローチ,当院の特徴,手首の症状,打撲,指の痛み,武術稽古の養人塾,歪み,生理痛,産後の骨盤矯正,疲労,痛みについて。,,目について,緑内障や白内障,股関節,肩こり,背中の症状,腰痛,膝痛,自律神経症状,花粉症,薄毛,親指痛,起立性調節障害,難聴、耳鳴り。,頭痛,顎関節痛,風邪,食について,首のコリ,首の症状

頚椎は頭を支える大切なところです。

その頚椎が良い状態、

即ち整体された状態であると、

自然治癒力に活力が、

身体が治るスイッチが入ります。

 

たとえどんな状態で、

どんな症状があったとしても、

変化をつくるのは、いつも身体です。

 

施術の際は、その自然治癒力を最も信頼し、

尊重して整体にあたらさせて頂いています。

 

それは、私が何かやっているという状態と、

身体に何かさせられている状態を行ったり来たりしている感じです。

 

会話みたいですよね。

 

もちろん私の意志と、お客さんの身体の意志。

どちらかが、かち合ったならば、まず身体の意志に私は譲ります。

 

自分の意志は放棄するわけです。

 

願望法と同じです。

 

どうなりたいのかは、押し付けるものではないですし、

押し付けたところで、

自然物がどうにかなるわけでもないからです。

 

 

 

 

空とゆらぎと整体。

2017.06.06 | Category: 当院の特徴,病気のサイン,症状の考え方,痛みについて。,自律神経症状,院長の考え方

空とは何か?

勘違いされやすいのは、無。

 

空は、無ではありません。

 

有と無の間というか、

 

存在している事と、存在しない事が同時に起こる可能性を示します言葉です。

 

有とも言えて、無いとも言える、両方の状態です。

 

これはゆらぎに似ています。

 

波と粒子の間といいますか。

 

ゆらぎがある時は、とても気持ち良くなります。

 

だけど、ゆらぎの後に、

結果という思考戻ると、

白か黒かの、二元の世界となり、

ゆらぎは見えなくなり、

現実的に今、

必要な状態へ優遇されて、現れてしまいます。

 

症状や状態はココロが必要だから存在しています。

 

 

その症状にフォーカスせず、

揺らいでいると、いつの間にやら消えてしまうのが自然です。

 

整体では、ゆらぎで終えたいのですが、

指標という現実も検査で確認します。

 

症状ではなく、指標で見るのは、

症状に目を合わすと、症状はココロと同調してますます居つくからです。

 

どんな症状があっても、

整体の検査指標に目をやってみて下さい。

 

良好な状態が現れてきますよ。