24時間受付メール相談
TEL 24時間受付 メール問合せ

見守りの循環をつくる。 | 淀川区・十三で評判の荻野接骨院

お問い合わせはこちら

淀川区・十三で評判の荻野接骨院

淀川区・十三で評判の荻野接骨院

Blog記事一覧 > カウンセリング,ストレス,スピリチュアル,予約や次回来院の目安。,学習力アップ,定期ケア,循環不足,成功者の法則,治せません。,院長の考え方 > 見守りの循環をつくる。

見守りの循環をつくる。

2022.05.20 | Category: カウンセリング,ストレス,スピリチュアル,予約や次回来院の目安。,学習力アップ,定期ケア,循環不足,成功者の法則,治せません。,院長の考え方

こんにちは。

5月も中旬を過ぎ、青々とした草木が綺麗ですね。

 

この時期は、

晴れた日の木漏れ日が私は大好きでして。

 

みなさんも好きですか?

 

あの何とも言えない光と影のバランスが

ものすごい幸せを感じさせてくれます。

 

見えない自然に守られてるなぁって。

 

と、言うことで

 

今日は見守りの大切さをお話しします。

 

私達は、生物ですから、

生きることに不安を感じて進化してきました。

いつ食べられるかわからない、

食べるものがみつかるかもわからない。

今を生き抜けるかわからない世界を。

 

そんな人間ですが、

何故こうやって生きてこれたのか?

 

それは見守るという行為があったからだという仮説があります。

 

 

赤子の時は、誰もが

側で親が見守っていてくれていないと、

ただ泣くばかりで何もできないのに、

 

親が側で見守ってあげさえすれば、

赤子はどんどんと好奇心を発揮して、

次々に冒険を始めます。

 

周囲を見回し、集中し、それに近づいて、手で触れて、口の中に入れて、様々に動かしていきます。

 

未熟な赤ん坊は、

親に見守られてさえいれば、

自分で行動したり学習したりして、

勝手に成長していくことができるのです。

 

 

だけど親に見守られていないと、

ただ泣くばかりで、何もできません。

 

 

つまり、

自分が何をしても親が見守ってくれているから大丈夫という安心感。

 

何かあってもいざとなったらきっと親が助けてくれるから大丈夫という、安心感がなければ、

 

何もできない性質があるのです。

 

 

見守られていない人間は、

何も行動を起こせないのです。

学習もできないのです。

 

勝手に成長もできないのです。

 

 

 

人の子が親に見守られていることは

必須の条件なのです。

 

 

 

 

逆にいえは、誰かを成長できるようにするには、見捨てずに見守れば良いということです。

 

個人の感じ進む時間軸は皆違いますが、

 

どんな人でも成長するためには、

自分より大きい存在に守られている

という安心感が必要不可欠なんですよ。

 

自分より大きな存在に守られているって

安心感さえあれば、

時間と共に勝手に何らかの活動し始めますし、

 

そしてそのことで、

失敗したり傷ついたりもしながら、

行動することで成長してゆきます。

 

(見守るというのは、結構難しくて。他人の痛手を見守れない人は、ついつい手を出し過ぎてしまい、その人の成長体験を剥奪してしまい逆恨みされてしまいますから注意しましょう。)

 

 

ではこの安心感を与えてくれる

自分より大きい存在とは、あなたにとっては誰でしょうか?

 

それは決まっていません。

 

親から始まり、

時には友人だったり、

先生であったり、

恋人であったり、

配偶者だったり、

師と仰ぐ人であったり、

神様であったり。

 

たぶんその時々で変わります。

 

そんな自分より大きな存在に守られていると感じれた時、(気付けた時、)

 

自分が真に望んでいることを行い出したり、

何かを学び成長し始めたり、

そこから幸せになっていくこと選択し始めたり

 

が出来てきます。

 

 

そして、少しでもそんな存在を感じれるならば、

 

今度はあなたも、

子供達を、

友人を、

恋人を、

配偶者を、

親御さんを、

師匠を、

神様を、

 

荒を見つけるんじゃなくて、

見守るくらいになって、

 

見捨てずに

見守ってあげることで、

 

世界に循環が生まれ、

経験し、

幸せは広がっていくんではないでしょうか。

 

この世界では完璧であるものは崩れてしまい存在できません。

 

不完全だから存在できるのことは2008年に発表されています。

 

人はもちろんですが、

神様ですから完璧ではありませんから、

(一神教の教えは別)

数少ない見守れる側の人になりたいですね。