24時間受付メール相談
TEL 24時間受付 メール問合せ

便秘と胆汁酸と鉄分と。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 便秘,副腎疲労,,油脂,消化吸収,甲状腺低下,食について > 便秘と胆汁酸と鉄分と。

便秘と胆汁酸と鉄分と。

2021.02.09 | Category: 便秘,副腎疲労,,油脂,消化吸収,甲状腺低下,食について

内臓調整を上手くなりたいと言うことで、

胆嚢調整の練習を昨日やりましたが、

 

胆嚢から出てくる胆汁酸は、

 

ビタミンDや脂肪の吸収を助けたり、

免疫を調整したり、

腸の炎症を抑えたり、

 

また胆汁受容体が、

免疫細胞であるT細胞にもあることがわかっています。

そこから繋がりで、

免疫細胞からの、

TNFαの炎症性サイトカインの分泌を、

減少させるそうです。抗炎症効果!

 

てことは炎症性の腸疾患などの、

腸の炎症の治療における効果が期待できますね。

 
 

逆に言えば

胆汁酸受容体がないと、

腸の炎症の重症度を増加させることもわかっています。

 

このように、

 

免疫だけでなく、

腸の抗炎症対策にも、

 

「胆汁酸」は大切な役割があるわけです。

 
胆嚢調整でグルグル出てくる

胆汁酸が少ないと、

油の吸収が出来ず消化不良による

便秘の原因にもなります。

 

胆汁が出されるのは、

食事の摂取から1時間後です。

 

2時間後ぐらいでピークに達します。

 
そしてそんな胆汁酸ですが、
材料はコレステロールです。

コレステロールから胆汁酸をつくる時には、チトクロムP-450が大切。

 

チトクロムP-450(CYP)の活性中心は鉄です。

これすごく大事です。

材料が無ければ調整しても、効果が薄いからです。

 

胆汁中の胆汁酸濃度が低下すると、

コレステロールが溶けなくなり、

胆石ができやすくなります。

コレステロール不足では、

胆汁酸の分泌も減ってしまいます。

 

炭水化物や脂肪を普通に摂取しても、

胆汁酸がきちんとあれば、

脂肪肝にもなりにくいです。

 

胆汁酸が、中性脂肪を抑制するからです。

 

また、

胆汁酸がミトコンドリアの細胞膜に結合すると、

エネルギーを燃やして作る甲状腺ホルモンが増えます。

 

胆汁酸不足から甲状腺疾患、低下症などにもつながる訳です。

 

で、

その背後にLDLコレステロール不足と、

それから胆汁酸にする鉄不足が無いか、

 

要チェックですね。

 

 

鉄分は無闇にとると炎症を増加させますから、しっかり体調を準備してからサプリ摂取ですね。