24時間受付メール相談
TEL 24時間受付 メール問合せ

プロテインの種類 | 淀川区・十三で評判の荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > サプリメントの,プロテイン,消化吸収,筋肉痛,肩こり,酵素,食について > プロテインの種類

プロテインの種類

2021.10.03 | Category: サプリメントの,プロテイン,消化吸収,筋肉痛,肩こり,酵素,食について

人の流れは変わってないのに、逆に増えてるけど?

陽性反応はどんどん下がってますね。

 

でも、

季節風邪と呼ばれるウィルス疾患は、

陽性反応とは関係なく、

 

いつでも体力が下がっていたり、

ストレスが多かったり、

寝不足が続いているなどの要因が重なると

発症しますから、

 

栄養と、

運動と、

睡眠のバランスは自己管理しておきましょう。

 

 

今日はそんな栄養の代表、

タンパク質こと、プロテインの種類や飲み方の説明をします。

 

 

プロテインは身体の99パーセントをしめていて、

酵素やホルモン、

肉体そのものの材料です。

 

お肉や魚はもちろん、野菜にも成分は多少入っています。

 

そんなプロテインですが、

しっかり摂取することで疲労系には

強力な影響を出します。

(妊活の方にもオススメ!)

 

私は市販のプロテインをお肉以外で取りますが、

市販のプロテインの種類には、

ホエイプロテイン、

カゼインプロテイン、

ソイプロテイン、

と大きく3つあります。

 

特徴としては、

ホエイは牛乳からつくられていて、

免疫上昇や、

血中のアミノ酸濃度を上げて浮腫改善や、GLP-1という素敵なホルモンを出したり、

(血糖値のコントロールをしてくれる)

吸収が良く、

胃腸負担が少ないという特徴があります。

 

カゼインは、

消化が遅く、胃で固まりやすく、

胃腸の弱い方にはオススメできません。

しかし、

ゆっくり吸収させたい時に使われるやすいです。

 

ソイは、

カゼイン同様に吸収が悪い分、

ゆっくり吸収され、

腹持ちが良い為に、

女性のダイエットなどに使われる事が多いです。

またイソフラボンが女性ホルモン作用を起こすので、

人にとっては、

美のホルモンになるとも言われます。

 

 

ホエイには、メチオニンが多く、ソイにはアルギニンが多いので、

両方を合わせて飲むとバランスが良いと言われています。

 

私はホエイをオススメしますが、

そんなホエイには約3種あって、

 

代表的なのが、

WPCです。

 

タンパク質料を70%占め、

ミネラル(カルシウム)が多く、

乳糖が入っているものを言います。

牛乳で下痢する方や、遅延アレルギーの方は

NGになります。

 

WPIはそんな乳糖を除き、

タンパク質を90%にまで絞ったプロテインです。

そのために。下痢や便秘にほぼならないはずです。

とても良いのですが、ミネラルがほとんどないのが弱点です。

 

最後にWPH。

これはタンパク質を更に加水分解して、

細かくしたタンパク質です。

消化が早く、乳糖もなく、

最高級のプロテインでしょうか。

ですから胃腸の負担も少なくなります。

ただ、ちょっと高価になります。

 

 

まぁどれも飲むのは、

仕事や学校や運動の1時間前が理想的です。

 

特にお昼すぎや、

寝るまでの間なんかに、間食として使ったりしても、低血糖対策に良いですね。

間隔を適度に摂取するのがコツです。

 

 

また休日などに1日空けたりせず、

続けて飲む事で、タンパク質合成が続いて

疲労感を減らしてくれます。

(膵臓の負担の方は別。)

 

 

普段からタンパク質が少ない方は、(子供など)

一回に5g以下にして、

少しずつ飲むのがコツです。

急に大量に飲むと消化が追いつかず、

胸焼けやお腹が張ります。

 

慣れるとタンパク質を消化する酵素が増えてきますから。^ ^

 

 

 

たまにニキビが増えたと言われる方もいますが、それはタンパク質が増えコレステロールが上がり、大切なホルモンがつくられたからだと思って下さい。^ ^