TEL 24時間受付 メール問合せ

原因と目的の優先順位も大事だけど、とりあえず外に出よ。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > どうにもならない問題。,オカルト話,不眠症,便秘,健康とは,冷え症,自律神経症状,自然欠乏症候群と原因不明のすぐれない状態,花粉症,蕁麻疹 > 原因と目的の優先順位も大事だけど、とりあえず外に出よ。

原因と目的の優先順位も大事だけど、とりあえず外に出よ。

2017.08.23 | Category: どうにもならない問題。,オカルト話,不眠症,便秘,健康とは,冷え症,自律神経症状,自然欠乏症候群と原因不明のすぐれない状態,花粉症,蕁麻疹

嫌われる勇気を持とうよ!ってな感じの話で人気がでた心理学者アドラーさんは、

大事な所を原因論と目的論として説いています。

原因論とは何かというと?

それは、

行動や感情は、過去の体験から生み出されるよ、

だから、

貧乏な家庭で育った原因で、今も貧乏なんですとか、
生まれつき病弱だから、今も病気がちなんです。どうしょうもないんですとか、

 

遺伝的に糖尿家系だから、糖尿になったんです。でも炭水化物はやめれません、だとか。

 

こうした時間軸を理由とした原因論で考えていると、

生涯その状態や病気から逃れることはできません。

まあ、必要ないことはないですが、

どちらかというと原因論を使って自分を縛り付ける理由にしちゃいがちで。

 

よく聞いてたら、

ちょっと無理やりですけど、

なんとなくそれっぽく、

最もらしくも聞こえます。

 

 

もう一つの目的論ってのは、

行動や感情は、

目的のために創りだされてるんだよ!っていう、積極的?な考え方です。
貧乏なら金持ちになろう!

病弱なら心身を鍛えよう!

と、人生を前向きに考えます。

 

自己啓発的ですね。笑

 

目的論は空間軸で考えています。

 

大事なのは今どうしたいのか?という発想に近いですかね。

 

因果関係だけに捕らわれていると、

現世にとどまらず、過去世なんかまで持ちだしたりし始めて。

本当の因果から外れていったり。。

 

。。
何事にも原因があって結果があるという因果の法則は間違いないんですが、

 

それはあくまで人間の頭での中であって。

 

西洋的というか、左脳的というか。

わかろうとする、わける世界なんですね。

 

ブログでも、施療術の現場でも、

わかろうとする需要があるので、

必要あってそれっぽく説明したりしますが、

施療術としてやってる事は、

東洋医学は右脳的な今何をすべきかだけです。

今どうあれば良いのか?ですね。
今の結果を生み出した原因を探し出すと、もう〜〜無限に出てきます。

 

 

 

 

親が悪いから、

貧乏だったから、

学歴がないから、

病弱だから、

こんな環境だったからこんな結果になったんだと。
では、素晴らしい両親に育てられ、

経済的に裕福で、身体は健康で、学歴は優秀での人は、

必ず成功できてるのか?と言えばそうでもないんですね。

 

自然欠乏症候群になりにくくある為に、

自然素材の木材などの家でなくとも、

模様替えをして、カーテンやクッションや、観葉植物などを取り入れる工夫はできますね。

 

 

自然欠乏症候群の改善その3

とりあえず外に出る。

できることから始めましょう。