紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

内臓調整をするとは、 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 内臓疲労,当院の特徴 > 内臓調整をするとは、

内臓調整をするとは、

2017.01.29 | Category: 内臓疲労,当院の特徴

骨盤調整や、

脊柱調整、

頭蓋調整、

内臓調整など、さらには

自律神経調整や、内分泌系調整など。

 

一体、調整とはどういう事なのか?

 

調整とは、

体内で変化が起きた時に、その変化を許容範囲に保つ事を言います。

 

逆に言えば、許容範囲に入れば健康であると考えています。

身体の中の変化の許容範囲は、

出過ぎても、足りなくても困るのです。

 

 

もう少し大きくみると、

身体の中の何が調整されているのか?

 

それが神経系と、内分泌系の2つの伝達系です。

 

何故2つあるかというと、、、

 

例えば、どうしても何か伝えたい事があるとしましょう。

 

そんな急ぐ時に神経系は受容器から指令が出て調整されます。

電話みたいな感じです。

ただし、電線を通して電気で伝えてますから、長電話だと電話代がいるしと切れば、繋がりませんから。

早いけど持続性に欠けます。

 

内分泌系はラジオから流す電波手紙みたいな感じで、穏やかに伝わります。

しかし受信者がチューナーを合わせてくれないと伝わらないのでそういう意味では遅いと見えますが、電波代はタダに近いのでいつまでも持続性があります。

 

そんな感じで内臓でみても、

自律神経も内分泌系も協力し合って内臓をコントロールしています。

 

では、調整を行う為に必要な事とはなんでしょうか?

 

それは今の状態を知ることです。

知るには皮膚や五感、筋、関節などの受容器が教えてくれます。

 

今の状態がわかれば、どうすれば良いかを決めれます。

それを決めるのを中枢と言います。

例えば脳や脊柱です。

 

そして、その実行してくれるものは?

それが内臓です。

 

内臓は、日々あなたの疲労をどうにかしてくれています。

 

内臓は目には見えません。

しかし、受容器を使ってその状態を知る事ができます。

その内臓の働きの許容範囲を超えているところを少しでも元に戻すのが内臓調整です。

 

そして、それは自律神経、内分泌系を通して、全身の調整につながっていきます。

腰痛が治ったり、頭痛が消えたり。