紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

アロパシー療法とは。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 健康とは,症状の考え方,痛みについて。 > アロパシー療法とは。

アロパシー療法とは。

2016.04.17 | Category: 健康とは,症状の考え方,痛みについて。

世界五大療法の一つである、

アロパシー療法とは、いわゆる対処療法の事です。

やり方としては、症状の逆の作用をする薬とかを使って症状を抑制する方法。
症状を抑えてくれるアロパシーが発達したのは、政治家であり、医者であった学者のウィルヒョーさんの力が強かったみたいです。

その裏には戦争や感染症の流行といった、急を要する施術法が必要だったというのもあります。

もともと緊急性の症状に対しての医療だったのが、

いまでは急性以外の慢性の症状に対してまでアロパシー療法がメインに。

痛いなら誤魔化しとけば良い。

なぜそうなったのかを考えたり、

その原因を解決しなくても、

鎮痛剤や注射で痛みを止めることができるようになったんだから。

考えはないって。まぁ、楽ですよね。(^ ^)

でも、それでは、痛みという身体のサインを黙らせただけ。

つまり身体を治したことにはならない事の意識も持ってる事が大事です。

薬でただ回避するのでは、原因の解決どころか、先延ばしになってるだけだと。

それは治癒には至りません。

難病の症状ほど、この考えは大事になってきます。

皆、健康が一番と言いますが、

健康という場所に立つならば、

私たちには、症状に対して責任がついて回ります。

問題は、私たちの内にあったりします。

自分で責任を取る方向から逃れたりするのか、向い合うのか。

外側に原因を見出すのか。

内を見るのか。

勇気と行動。

できるかどうかでなく、

やるかやらないかですね。