TEL 24時間受付 メール問合せ

風の時代は、勇者の時代! | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > その他,オカルト話,院長の考え方 > 風の時代は、勇者の時代!

風の時代は、勇者の時代!

2020.12.30 | Category: その他,オカルト話,院長の考え方

中国は、去年の日本のように、

何故か動かない雲と、

そこからの雨によって、停電など

大変な状態になってるみたいですね。

 

 

今回は風について、

何回か言ってたかもですが、

もうちょっと書いてみましょうか。

 

先ずは人類の歴史を振り返ってみると、

大気の動きによって生じた天候の異変によって様々な文明の栄枯盛衰を見れますね。

 

地球と言う惑星に生活している限り、

晴れと雨のバランスの良い交代、

安定によって食糧を確保でき、

生を営んできました。

 

 

猛暑に、冷害、干ばつなど、

食糧問題から飢餓の発生、

それが原因で起こる戦争、

 

多くの国は滅亡し、

新しい支配者が出現するのが歴史です。

 

 

要するに万物の生を担っているのが

天気なんですよね。

 

その天気を左右しているものが、

風なんですよー。

 

 

何故なら風は、雲を動かして雨を呼ぶからです。。。

 

 

ところがどっこい!

 

 

風は形がありません。

 

目にも見えません。

 

しかし存在しています。

(風は気とも呼ばれます。)

 

風は地球の暑いところにも、

寒い国にも、砂漠にも、高地にも、牧草にも、

 

国境に関係なく、

自由に吹いてます!!

 

だから風は国々の人間の生きる姿を知っています。

 

また風は地球を包み込んで地球の生き物に空気を提供して、

 

生命を維持しています。

 

風はまるで地球の呼吸です。

天地の息吹です。

 

天から風が吹き、

雨と霧と露となり、大地に降り注ぎ、

万物を生成する。

 

 

古来より例えば風水とかね、

風そのものに格別な信仰を持ったのは、

風が万人に対して平等であったからです。

 

 

風は人を差別することなけ、

心地よく万物の成長を見守ってくれてるように思えたからです。

それらは、生気と呼ばれ、

生命エネルギーとも見られています。

 

 

そんな風を表した時代。

どんな流れになるのか?

 

楽しみですが、

 

 

だけど、漢方薬がビタミンCと飲まないと、

効果が出にくいのと同じく、

 

風の時代も、やっぱり

自分の時代だというのは忘れないでくださいね。

 

 

自分がわからないならば、

大事なのが、きっちりとした日本人としての文化、伝統。道。型、YAPだったりします。

 

 

まずは、

私が私で在ってはいけないという呪いを解放しましょうよ。

 

奴隷の足かせは、マスクやワクチンを含め、

症状としても身体のあちこちに出ます。

 

 

「私が私でいようとすると、迷惑がかかる」

「私が私でいようとすると、家庭が崩壊する」

「私が私でいようとすると和を乱す」

 

そんなの、色々ありますが、

 

私が私で在ることには勇気が必要になります。

未来を作るには勇気がいります。

 

アドラーも言ってましたが、

 

人生には常に勇気が必要です。

 

 

勇気のあるものを、勇者と呼びます。

 

ドラゴンクエストみたいですねー。

 

 

本当に恐ろしい支配は目には見えません。

 

考えることを辞めて、

未来を開拓しようとせずに、

与えられるまま、食べて寝て、ただ生きるだけ。

適度の満足感と、達成感に酔いしれ、

自分が支配されていることにすら気づけない奴隷のような存在。

 

そこから抜け出る勇気!

 

長くなっちゃいました。

 

では、では。