紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

低身長の改善 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > その他,低身長 > 低身長の改善

低身長の改善

2018.05.31 | Category: その他,低身長

身長の伸びに悩んできている高校生がいます。

低身長とは、平均的成長曲線から明らかに外れて、停滞してしまっている状態をさします。

 

今回来院はれた男子ならば、中学生から高校生にかけての第二次成長期に伸びるべき身長が伸びず、

筋肉なども付かないと言ったパターンです。

 

低身長となれば、

その原因を先ずは予測して分類してみます。

 

一番目に考えられるのは、ホルモン異常。

ここでのホルモンは成長ホルモン、もしくは甲状腺ホルモンの、不足はないかどうか?と言ったところ。

 

他には、染色体の異常。

例えばターナー症候群。

 

子宮内発育不全、

 

骨軟骨異常、

 

臓器異常、

 

社会的心理ストレス。

 

などがあります。

 

一般的にいわれるのは、体質、家族遺伝、低出産。

これらも、どうしても身長は伸びにくいみたいです。

 

が、

 

身長が伸びる仕組みがわかれば、

アプローチはちゃんと考えられます。

 

軟骨への刺激。

 

夜中の、睡眠。

 

絶対必要な栄養素。

ちゃんとタイミングよく取れてるか、

量はどうか、質はどうか?

 

そして成長ホルモンをより放出させるには?

を考えます。

 

必要な栄養素を排出してないか、、。

中学生からは、このへんも大事です。

 

 

要するに生活習慣に、ちょっとした運動を加えることが原因へ対してのアプローチになります。