紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
MENU
初めての方へ 料金

Blog記事一覧 > 武術稽古の養人塾 > 花粉症と腎と部屋

花粉症と腎と部屋

2018.12.17 | Category: 武術稽古の養人塾

東洋医学では、

恐れは「腎」を傷つけると言います。

 

腎臓は肝臓で解毒された血液を再利用する為にろ過して、 いらない分を尿にする役割がありますが。

 

そんな風に分別される血液ですが、

分別される血液って、ついさっきまでは自分だったわけで、

 

今の今まで自分だった血液をろ過し、
それを手放していくのは、
考えてみれば「恐い」ことなんですよね。

 

 

だから腎臓には、

本当にコレを 捨てていいのかな~?

やっぱ後で使うことないかな~?

うーん、やっぱりとっておこうかな~?

といった「不安」や「恐れ」が敏感に影響してしまうのです。

 

あー気がつけば、部屋やおうちは、

モノや資料でいっぱいとなります。

 

部屋はその人を現すとはよく言ったものです。

 

 

で、この時同じように体内においても、

 

体内老廃物が排泄しきれない、捨てれない、血液が濃ゆいー。

ということが
起こりやすくなってしまうのです。

 

花粉症がきっかけで出てくる恐れと、

恐れに起因する鼻炎。

 

血液の浄化が腎臓でうまくいかないので、

体内に入る前に、

濃ゆいなら、

鼻水で薄めてしまえ~

と、なるわけですね。

 

新しい局面な季節に対応できるほどに、

まだ体内が整理整頓されていない。

 

整理整頓する時間がないなら、

 

思い切って、

半年間、目を通していない書類、リーフレット、などなど、そのうちに必要になるかも物質を処分してしまう。

 

そうやって、
新しい季節を迎える準備を、

生活の空間から整えていくと、

 

腎臓にもいい影響を及ぼせるかもです。

 

え?わたしには無理かな。笑

自分好きなんで捨てれません。笑

 

また腎臓の筋の刺激ポイントは後ろにありますから、

自分で刺激するのは難しいです。

 

そんな時にはプライドを捨て、

 

勇気を持って人に頼んでみましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里3-4-10-103 浜口マンション
駐車場
電話番号06-6305-1401
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
※お電話は、受付時間内での対応となります。
休診日木曜、日曜、祝日(臨時受付日有)