紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
MENU
初めての方へ 料金

重金属が身体に及ぼす影響

2017.03.31 | Category: アレルギー,小児へのアプローチ,毒素とは

重金属といえば、鉛やカドミウムや、ヒ素などがありますが、

アレルギー系で多いのが、熊本の水俣病の原因の水銀です。

水銀は銀色の液体で25度を超えると気化する特徴があります。

体温計だと、中に入っているから安心ですが、空気中だと分散して、気づかない内に皮膚に吸収されてしまいます。

もともと、水銀は地中のマグマの中にあり、火山活動の際に硫化水銀として空気中にばら撒かれます。

それ以外に、ゴミの焼却場や、化学工場などで発生しています。

 

この水銀の問題は、

赤ちゃんに射つワクチンの中にも雑菌の増殖予防という理由で入っている事ですね。

 

水銀には、昔流行った赤チンや、防腐剤になるエチル水銀と、水俣病になったメチル水銀があり、どちらも現在は毒物の指定がされています。

 

しかし、なぜか医療ワクチンに対しては毒物指定にならず、黙りがあります。

 

ワクチンの水銀で問題となるのは、

自閉症ですね。

アメリカの研究でエチル水銀、メチル水銀ともに血液脳関門を通過する性質がある事がわかっています。

 

血液脳関門を通過する事で、脳の発達障害に繋がるとの事です。

 

 

当院へのアクセス情報

所在地〒532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里3-4-10-103 浜口マンション
駐車場
電話番号06-6305-1401
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
※お電話は、受付時間内での対応となります。
休診日木曜、日曜、祝日(臨時受付日有)