紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
MENU
初めての方へ 料金

食中毒で腰痛に。

2017.03.10 | Category: 毒素とは,疲労,筋肉痛,腰痛,自律神経症状

食中毒かな?

お腹が、痛くてたまらない。

吐きけがする。

 

これをほっていると、ギックリ腰になってしまったというお客さんが来られました。

 

食べ物でギックリ腰になるなんて、普通はあまり考えられていませんが、結構あります。

 

食べ物は異物であり、毒物であります。

 

それらを自分に変える力が、消化力であり同化力ですが、

 

睡眠不足で体温が下がり、免疫力が低い時や、体力が落ち込んだ時は、

 

疲労のストレスが蓄積しています。

 

そこに、普段ならわかる?であろう火の通りの悪い鶏肉なんかを食べると、

そのエネルギーな負けて、消化できないまま細菌バランスを崩して、毒物として腸を移動するので腹痛になるわけですね。

 

その毒物は、吐いたり下痢したり出来るだけの体力がないと、

筋肉や関節にパスされます。

 

そして、その状態で動いたら。

食物性のギックリ腰の出来上がりです。

 

対処法としては、

水を取り、早く解毒を助ける。

わかもと等の補酵素を使い消化を助ける。

背骨を使い自律神経を整える。

肝臓の調整をして、解毒を補佐する。

解毒の反射を刺激して腸を動かす。

皮膚の膜を浮かせて、腰の毒物を浮き流す。

歩いて循環させるですね。

 

施術後は痛みは半分以下になりました。

 

後は便からたくさんのでますから、

日頃の生活習慣を気をつけて貰うと良いですね。

痛みがある時しか、意識しない人がほとんどですが。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里3-4-10-103 浜口マンション
駐車場
電話番号06-6305-1401
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
※お電話は、受付時間内での対応となります。
休診日木曜、日曜、祝日(臨時受付日有)