紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

シックオフィス症候群。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 自律神経症状 > シックオフィス症候群。

シックオフィス症候群。

2016.05.12 | Category: 自律神経症状

シックオフィス症候群。

意外に多いですね。

アメリカでは有名な症候群です。

何かというと、エクソシストです。

ってのは冗談で、

職場で働いていると、

頭痛や吐き気、めまいや、腰痛、しびれに眼精疲労など、

原因がわからない症状が続く状態です。

長期的な休みの間に少し回復するも、

また、職場に帰ると元通り。

原因は職場の見えない環境。

壁紙からでてる汚染物質や、やたらに凄い電磁波など。

職場の部屋をリフォームする訳にもいかないし、どうしたものか。

対策としては、、、

まず換気。そして、湿度管理。

乾いたたら、潤いを!ジメジメには、乾燥を!

そして、観葉食物を置く。

机の模様替えができるなら、エネルギーが流れやすい様に席を組み立てる。

物を整理して、隙間をつくる。

電磁波対策グッズを使用してみる。

などでしょうか。

後はカルシウムなどの多い食べ物を摂取し、

休みの日には、自然の多い場所に触れに行く。

そして自律神経を安定させるですね。

 

荻野接骨院では、自律神経を安定させる施術もしていますから、対策の一つとして取り入れて頂ければ良いかなと思います。