紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

爪からの伝言。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 内臓疲労,病気のサイン > 爪からの伝言。

爪からの伝言。

2016.04.14 | Category: 内臓疲労,病気のサイン

健康な爪してますか?

爪は日頃意識して見やすい場所です。

女性は、マニキュアなんか塗ってる人も多いので観察してる人も多いでしょうね。

ちなみに健康な時の爪は、ゆるやかな湾曲をしています、

色は、

薄紅色。

光沢があって、凸凹もない状態。

悪い例というか、身体からの伝言として、

硬くてすぐ折れるのは、貧血のサイン。

貧血だと丸みの無い爪になりがちで、

またアミノ酸や鉄、カルシウム、亜鉛が不足すると爪がもろくなります。

爪を切る時に、砕ける爪はホルモン異常のサインだったりします。

柔らかくてふにゃってるのはスタミナ不足。

色でも、

青白く見えるのは極度の貧血。

赤みが強いのは心臓疾患の前触れ。

黒ずみは、循環器の、故障です。

光沢がラメみたいにありすぎる時は甲状腺の亢進状態。

爪の表面も見てみましょう。

小さな斑点が見える人はカルシウム不足です。

カルシウムの話はいつもしてますが、

疲れやすくなったり、ウツ、便秘がちになったりします。

爪の真ん中が凹んだり、反り返っていり

してませんか?

そんな人は食べすぎ。

胃腸の栄養吸収がうまくいってないはず。

腸に宿便も溜まっている可能性があります。

爪の形が半円に近い、巻きづめの方は腎臓が弱くなってます。

食べものに注意して、運動などで冷やさない工夫をしてください。

塩はとくに気をつけて、塩分過剰にならないように。

おすすめはキパワーソルトかな。(^ ^)

爪の原料はタンパク質。

結局は食べ物です。

サインを無視せずに、食の見直し、バランスが大事ということですね。