24時間受付メール相談
TEL 24時間受付 メール問合せ

暑さになれるには。 | 淀川区・十三で評判の荻野接骨院

お問い合わせはこちら

淀川区・十三で評判の荻野接骨院

淀川区・十三で評判の荻野接骨院

Blog記事一覧 > セルフケア法,熱中症,足のつり,頭痛,鼻つまり > 暑さになれるには。

暑さになれるには。

2022.07.28 | Category: セルフケア法,熱中症,足のつり,頭痛,鼻つまり

こんにちは。

 

蝉の鳴き声と共に、

昼間の暑さは体温を超える日も出てますね。

 

今日はそんな暑さの、熱中症対策について。

夏 に使えるかもしれない背景素材6 空,青空,太陽のイラスト素材

 

人は仕事や運動で身体を動かすと、

筋ポンプで血液が流れて、

体内でエネルギー熱が作られ、

体温が上昇します。

 

 

そして、

体温が通常よりも上がった際は、

急いで心拍を上げて、

汗や皮膚、血管の面積を拡張をして、

表面から放熱をして、

一定の温度へと調整します。

 

 

この一定の温度の調整を繰り返して行うことを、

 

暑熱順化、

 

といいます。

 

この暑熱順化を繰り返して行く度に、

皮膚神経や、

自律神経は鍛えられ、

 

身体はドンドン暑さに強くなっていきます。

 

 

ですが、

常に涼しいクーラーの中で生活し、

普段からほとんど汗も少なく、

 

自然から遠ざかるかの如く、

快適に過ごしすぎると、、、、。

 

 

 

ちょっとした部屋の温度差だったり、

何かで暑い場所に移動したりする時に、

もしくは外気の急激な温度上昇時に、

 

身体は急いで体温調整を行い、

その際に大切なミネラルや塩分が、

汗と一緒にでてしまい、

 

頭痛や吐き気、身体の怠さを伴った、

熱中症になります。

女性 女性,人物,頭痛のイラスト素材

 

 

対処療法的には、レモン水や、

梅干しや塩水、手作りスポーツドリンクも良いですが。

熱中症対策 水分と塩分補給 熱中症対策,熱中症予防,熱中症のイラスト素材

 

 

 

そんな熱中症にならないためには、

暑さがマシな時間帯を狙って、

(例えば朝や夕方に)

 

ウォーキングやジョギングをしたり、

 

軽い筋トレやストレッチ、

 

もしくはサウナなどを利用して、

無理のない範囲で汗をかくことが、

 

気圧や気温の変化に対応できる、

身体づくりとしてオススメです。

 

 

急激な温度上昇に出くわしても、

汗に余計な塩分が出なくなり、

熱中症に強い身体になります。

腕組みで自信を持つアジア人ビジネスマン ビジネスマン,自信,達成のイラスト素材

 

 

もちろん、

汗をかいた後はしっかり拭いたり流したりして、放散熱が続き過ぎないように調整しましょう。

 

また、当たり前なんですが、

ナトリウムだけでなく、

カルシウムやマグネシウム、

鉄や亜鉛、銅など、

 

ミネラルは食べ物や補助食品のサプリなどでしっかり補給し、

 

遅くまで夜更かししないように気をつけたいですね。^ ^

 

 

過去に書いたシャワーを使った自律神経強化法も良いですよー。