24時間受付メール相談
TEL 24時間受付 メール問合せ

最近の世界の流れ。 | 淀川区・十三で評判の荻野接骨院

お問い合わせはこちら

淀川区・十三で評判の荻野接骨院

淀川区・十三で評判の荻野接骨院

Blog記事一覧 > 院長の考え方 > 最近の世界の流れ。

最近の世界の流れ。

2022.05.29 | Category: 院長の考え方

こんにちは。

今年の2月18日にあのビルゲイツさんが
「新型コロちゃんとはまた別の
パンデミックが発生するだろう。」
と動画で述べているものを拝見しました。
 
 

そのビルゲイツさんの予告なのですが、
やはりというか、

着実に通り進んでいるように、

最近、新型サル痘ウイルスが発生し世界に広がろうといったニュースが出てきてますね。
 

まず、5月15日に
イギリスでは4人の感染者が確認されました。

その後のWHOの5月27日の発表では、

世界20か国で約200人の感染者が
報告されました。
 

そして、このウイルスについてなんですが、
ポルトガルの国立研究所が分析した結果、

新しい突然変異で出来たウイルスということになりました。(最終的には生物兵器と認められるらしいです。)
 

これで、新しいウイルスが発生させられ、

世界に広がっていくというストーリー、

第1章が完成です。

 
そして、第2章で出てくる新型サル痘ワクチンの話もちらほら出てきていますね。
 

 
この後、どうなっていくのか予定なのかということなのですが、

ビルゲイツさんが出資しているNITという団体が
新型サル痘パンデミックシュミレーションを発表しているまして。

これが参考に書いてみると、

 

 
サル痘パンデミックシュミレーション

2022年5月15日サル痘発生、

2022年6月1427人感染4人死亡、

 

来年には、

2023年1月7000万人感染130万人死亡、

2023年5月4.8億人感染2700万人死亡、

2023年12月32億人感染2.7億人死亡

となっています。

 
そして今の様な、コロちゃん対策のような管理では不十分だから、

もっと過激?厳格なウイルス対策が
必要なんだという話になり。
 
以前からダボス会議で言われているような、

新世界秩序の構築に向けて、世界は着実に進んでいるようで。

 

個人レベルとしては、

より自己受容や、

自己信頼をしっかりと持ち、

同調圧力に屈しない、

承認欲求を必要としない精神が必要となりますね。

 
今年のダボス会議はつい先日の、

月22日から26日に開催されたみたいですが、

事実が漏れて不人気になったコロちゃん規制に代わって、

もっと新たな規制のための規制が必要だと、

今まで以上に民衆の繋がりを絶ち、

 

行動規制をしていくような流れを起こそうとしているみたいですね。

 

まあ実際にはサル痘の正体は帯状疱疹であり、

帯状疱疹自体は、

過去に感染した水疱瘡のウィルスが、

自己免疫の低下によって再発症すると習いましたが、

 

今流行っている帯状疱疹は、

新型コロちゃんのワクチンによって、

免疫低下が起こり現れているとも言えます。

(怖い病気の初期症状でもあるとも言われています。)

 

ただ、通常の水疱瘡ウィルスが原因の帯状疱疹であれば、

ステロイドや薬も効くので、

大事には至らないと思います。

 

ですが、

これがサル痘という

”これは新しいんだから〜ウィルス”であって、

天然痘ワクチンが有効なんだよー

って言われたら、

 

人々は新型コロちゃんワクチンを接種したように、

政府が用意させられた遺伝子組み換えの天然痘ワクちゃんをみな進んで接種しちゃうのかなぁ。。。と想像してしまいつつも、

 

自然界は人が計画したように、

そんなうまく物事は運びませんよーと思いたいです。