TEL 24時間受付 メール問合せ

発達の障害となる食事 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 小児へのアプローチ,発達障害,食について > 発達の障害となる食事

発達の障害となる食事

2020.08.02 | Category: 小児へのアプローチ,発達障害,食について

こんにちは。

暑さが最高に気持ち良いこの頃です。

 

今日は久しぶりに食事について。

発達の障害になるであろう食品です。

 

成長や発達がなかなかで、

発達障害とそのように診断されるお子さんの脳内では、

グルタミン酸が沢山でています。

 

出過ぎたグルタミン酸は、

いわゆるギャバへの変換が抑制されてしまいます。

 

ギャバは、

発語や、会話の能力に関係する神経伝達物質です。

 

そのため、自閉症の子供の中には言葉の発達が遅れることがみられます。

 

グルタミン酸が何に入っているか?

それは、

グルテン、カゼインですね。

ですから、これらは避けて頂きたい訳です。

 

また、グルタミン酸ナトリウムの入った食品

も避けたいです。

 

グルタミン酸ナトリウムは旨み調味料として、ほとんどの加工品に入っている、食品添加物です。

 

調味料、アミノ酸などの表記になってます。

ポン酢や、ドレッシング、インスタント味噌汁、カップ麺、焼肉のタレ、レトルト、冷凍食品から、

チェーン店などの食品にも多いですね。

 

 

あとはアスパルテーム。

これは、アミノ酸(アスパラギン酸やフェニルアラニンなど)から作られた、血糖値を上げない人工の甘味料のことです。

 

これも、グルタミン酸と同じく、

脳内の神経伝達物質として働いて、神経を興奮させます。

 

天然のアスパラギン酸は、

アスパラガスや、大豆やカツオに、

天然のグルタミン酸は、

小麦や、チーズ、昆布やトマト、白菜に含まれます。

 

天然はもちろんですが、より人工の化学調味料や、人工甘味料を避ける事を重視して下さい。

 

最後に、硫黄にも注意です。

過剰な硫黄は、グルタチオンが上手くつくれなくなり、アンモニアが増えてしまいます。

 

硫黄は、

にんにくや、らっきょ、玉ねぎ、ニラ、長ネギ、パクチー、キャベツ、ブロッコリー、大根、かぶ、小松菜、などに入っていましす。

取りすぎは気をつけて下さい。^ ^