TEL 24時間受付 メール問合せ

運気を高めるお話。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > どうにもならない問題。,オカルト話,武術稽古の養人塾,院長の考え方 > 運気を高めるお話。

運気を高めるお話。

2017.08.16 | Category: どうにもならない問題。,オカルト話,武術稽古の養人塾,院長の考え方

運があるか無いか。

運が良くなる方法は昔から密かに研究されています。

三国志の時代。

日本なら卑弥呼の時代ですね。

蜀の劉備玄徳に仕えた天才軍師、諸葛孔明さん。この方は導術、奇門遁甲など仙術はもちろん、めっちゃ伝説が残っている賢い人ですが、

この人が、言った中に

 

事を謀るには、人にあり。

事を成すは天にあり。

 

という言葉があります。

 

これは、

計画は人にも出来る。

だけど、成功させるのは天の意思だ。

という意味です。

 

要するに、天の意思、運を味方にしなければ、全て上手くいかないよーってな話を古代から言われてたわけです。

 

この運は、お金でもあるようです。

淀川北野高校卒業し、倫理法人会や、いのちの電話をしたり、一万人以上のクライアントをみた弁護士さんが言われてましたが、

どれだけ稼いでも、

悪い事をして得たものは長く続かず、

先で失敗し易いとのこと。

 

特に運を落とす出来事が、

争い。

だそうです。

争いは運を落とす。

その争いの原因として間違った考えが、

法律さえ守れば何をやってもいいという考え方だそうです。

 

逆に言えば、運を良くするには、

道徳的な意識をすることだと。

 

また、争いが起こった場合は、

困っている方が考え方を、態度を変え事で、争いを避けれて、運気が上がるのですね。