TEL 24時間受付 メール問合せ

新生児のケイツーシロップは必要ない。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 小児へのアプローチ,毒素とは,産後の骨盤矯正,食について > 新生児のケイツーシロップは必要ない。

新生児のケイツーシロップは必要ない。

2017.08.05 | Category: 小児へのアプローチ,毒素とは,産後の骨盤矯正,食について

本当の話シリーズ。

ケイツーシロップ。

ビタミンKのシロップという事ですが、

何が入っているか知らないままに、

新生児に脳や消化管出血予防を理由に必ずと言っていいほど飲まされる添加物。

 

その出血率は0.00001パーセントと言われてますが、これを飲んでも飲まなくても出血する子は出血する様です。

 

出血の原因は、

妊娠中の食事でのビタミン不足だったり、日光不足だったりするみたいで。

 

ビタミンKが無ければ腸内細菌が生まれないのですね。

 

逆に言えば、日光を少し浴びれば細菌か繁殖しビタミンKシロップはまったく必要ないわけですね。

 

では、産婦人科で働いている助産師さんも知らないケイツーシロップの成分を書きます。

 

メナテトレノン(ビタミンK)

安息香酸ナトリウム(防腐剤)

クエン酸水和物(矯味剤)

ゴマ油

水酸化ナトリウム(アルカリ剤)

ソルビタン脂肪酸エステル(界面活性剤.乳化剤)

D-ソルビトール液(下剤甘味料)

パラオキシン安息香酸エチル(保存料)

プロピレングリコール(保湿剤乳化剤)

ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(界面活性剤)

香料。

 

以上、ゴマ油を除いて全て添加物でした。

 

このケイツーシロップの問題は、

ワクチンにしろフッ素にしろ、親の意思の確認の上で射ったり塗ったりしますが。

 

このシロップは親の同意すら得ないで飲まされてしまいます。

 

本来は、妊娠中に食養生の説明をしっかりして、

ビタミンKを作る大事な要素である腸内常在菌をダメにしてしまう抗生剤の濫用を止めることから始めるべきなんですよねー。

 

 

 

ところで今日は淀川区十三で、なにわ花火大会があるので凄い人です。

結構強い風だから、綺麗に見れそうですよ。

開始は19時45分位からです。