TEL 24時間受付 メール問合せ

ベストコンディションはいつも今! | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 武術稽古の養人塾,院長の考え方 > ベストコンディションはいつも今!

ベストコンディションはいつも今!

2017.07.06 | Category: 武術稽古の養人塾,院長の考え方

先日はサンチンという武術の型の練習で、

捻れの作用や、平等の表現をしました。

 

その武術稽古の後、稽古生の一人が、

こんな事を話してくれました。

 

「荻野先生、実は今日は武術稽古はお休みしようと思っていたんです。

だけど、ちょうど最近読んでいる刃牙という漫画で、空手家の愚地独歩という人物が、体調が整わずに襲われた時に、こんな事を言っていました。

『人間生きてりゃ飯も喰えば酒も飲むんだ。

ケガもするし病気もするだろうよ。
ベストコンディションなんて望むべくもねぇ……。』

 

それで、ハッと気づいたんです。

いつも体調が良い時にだけ稽古をするのは違う気がするって。

 

今日は絶不調ですが、稽古にでたお陰で、

楽しくまた新しい自分を見つけれました。。」

 

これは私自身が稽古の時に言っていた事でした。

それは、

 

「どんな理由があっても、

いつでも今が一番の調子良い時。

いつでも今がベストコンディション。

それが結果でもあり過程でもあり。

 

例えば、

事件に巻き込まれた際、

自然物である相手の方に、

ちょっとまだ私はベストコンディションじゃないから、またにして下さい。

は通用しないですよね。」

 

施術でいうならば、

頭が触れないならば、

お腹で、お腹が触れないならば背骨で、

背骨が触れないならば手足で、

今、どこも触れないならば空間で、

整体という手入れをする。

 

みたいな哲学にも繋がってきます。

 

それにしても、稽古生の方から自分が発言していた言葉が返ってきて、とても感動しました。(^^)