TEL 24時間受付 メール問合せ

感情はホルモンの作用。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > カウンセリング > 感情はホルモンの作用。

感情はホルモンの作用。

2016.07.24 | Category: カウンセリング

心が傷つくという言葉が、ありますが。

心は、空そのもの。

空に向かって石を投げても傷つく事はありません。

傷つくのは人間の感情であり、肉体なのです。

肉体に石を投げると傷つきます。

感情も物質です。

感情とは、ほぼプライドが多いですが、

怒り悲しみ、苦しみに対して傷つきます。

肉体と感情は同じ世界で、

物質の世界だったのです。

何故なら感情とはホルモンの作用です。

ホルモンの量が感情をコントロールしているんです。

ですので、感情は死なない限り必ず治るんですね。

心は傷つかないのか?

傷つきませんので、不安はありません。

何も恐れる事はありません。

あくまで傷つくのはプライドなどの感情ですので。

ですので心の心配は無用です。

心とはそれほど果てない広き形なきものなのです。