TEL 24時間受付 メール問合せ

春先の不調と強もみ。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 腰痛,自律神経症状 > 春先の不調と強もみ。

春先の不調と強もみ。

2016.03.04 | Category: 腰痛,自律神経症状

春先の暖かい日には身体の代謝が上がり老廃物が増加します。

生命力が落ちた状態だと、腎臓にかなりの負荷がかかりますので、

腰が硬くなったり、朝起きにくくなったりします。

更に脳の血流が悪くなり、一日中ぼーっとしてしまいます。

頭部の毛細血管が脳圧により、血流障害が起き偏頭痛が起こります。

これらを改善するには、

反射の起こらないような弱刺激で

自律神経が治ろうとする働きを促す必要があります。

決して強く揉んだりしてはいけません。

神経が抑制して、緩んだような感じになるだけて、生体反応としては回復されませんから。