TEL 24時間受付 メール問合せ

相手に必要な刺激。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 院長の考え方 > 相手に必要な刺激。

相手に必要な刺激。

2015.11.09 | Category: 院長の考え方

先日、とある先生との施術会話の中で、

どうしてあなたはもっとお客を、人間を信じてあげれないのか?と言われてしまいました。

それはどういう事かと言いますと、

私はお客を良くしたいとの思いが強くなりすぎて、まだアプローチし過ぎだという事でした。

確かに、セミナーや、勉強会で様々な施術法を学び、理論的に整体をしていましたが、

もっともっとやってあげないと、

少しでも疲労を取ってあげようと、

人間の回復する力を舐めてたというか、

少し傲慢と言うか、

人の身体の反応をまだまだ信用してなかった結果、

必要以上の接触をしていました。

わかっていたのですが、

生命力や自然治癒力を尊重しきれてなかった。(遠隔施術なんて触りもしなくても治癒が始まることを知ってたのに。)

お客さんの身体を信用しきれてなかった感があったんだと思います。

相手が欲してるものは与えない。(症状)

相手が必要なものを与えよ。(状態)

と、いう事で、

これからは、更に!要望がない限りは、なるべく身体の声を更に優先させた施術を行っていきたいと思います。

 

お陰様です。