TEL 24時間受付 メール問合せ

内臓疲労と魚 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 内臓疲労 > 内臓疲労と魚

内臓疲労と魚

2015.10.20 | Category: 内臓疲労

内臓疲労パート3
ファーストフードやコンビニ食を減らそう。
当たり前ですが、食品添加物の宝庫ですから。
野菜ばかりでなく肉や魚は食べる。
野菜の栄養価はどんどん下がっている様です。
ですから、魚や肉も摂取した方が身体のバランスは取れやすいです。
肉や魚のタンパク質をしっかりとることで、腸からアミノ酸を吸収され、うつや、不眠を改善できるチャンスでもあります。
特に魚の脂は腸を綺麗にして、代謝を促進する、オススメの脂です。
しかし、大型魚は気をつけましょう。
どうしても海中からプランクトンから小魚と重金属や放射能が蓄積、濃縮されやすく、
危険も増加します。
ですから先ず小魚をメインに食べるようにしてみましょう。