紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

男性不妊症 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 不妊施術 > 男性不妊症

男性不妊症

2016.11.17 | Category: 不妊施術

卵子の話も大事ですが、

男性はもっと大事です。

年に数回あるかないかの、質の良い卵子の排卵。

その排卵の際に精子が卵管膨大部に待機しているかどうか?

仮に

精子は約3日程生きますから、卵管膨大部に待機出来ていたとしましょう。

しかし、卵管膨大部に行くまでには、

一回の射精で一億以上の精子が放たれますが、女性のおりものが多く、酸性の海をアルカリの海として渡っても、約数百個となっています。

ちなみにおりものが少なく、酸の海を通過するのはかなり困難です。

おりものはどれだけ男性に大事にされていると女性が感じているかとか、抗酸化食品を充分にとりアルカリ性にしているかなどが関与しているようです。

まあ仮に数百個の精子が卵子を待っていたとしても、大きな壁があるんです。

それは卵子の周りにある透明帯の硬い壁を壊せるだけのエネルギーがあるかどうか。

この時に精子は硬い壁を溶かすために、大勢の精子の協力が必要になります。

頭部から酵素を出し壁を溶かそうとするのですが、

そもそもの精子の数が少なくて酵素が足りなかったり、

尻尾を動かし突出するエネルギーが足りなかったりすると、

卵子を目の前にして見送りになってしまいます。

これが男性不妊です。

 

では精子のエネルギーを高めるには?

それこそ、単純ではないですが、

確実に言える事は睡眠を早く取るということ。

そして腰の弾力をつけること。

腰痛持ちや、腰が硬い男性で寝るのが遅い方の精子はかなり弱っていると考えられます。

不妊症とは男性と女性の2人の問題なんですね。