紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

武術稽古の必要性。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 武術稽古の養人塾 > 武術稽古の必要性。

武術稽古の必要性。

2015.12.15 | Category: 武術稽古の養人塾

今のこの現在に武術なんか必要なんでしょうか?

との質問の前に、武術とはそもそもなんでしょうか?

武術とは、もともとは、人が生き延びる為の技術であったはずです。

生き延びる?

この平和な時代に?笑

と、なりそうな話ですが、

平和な時代も実は皆、戦っています。

何と?

それは個人個人、違うでしょうが、

決して平和だけでは存在しないのが、この世界です。

平和は戦争と裏表であり、繋がっているようです。

でも武術って。蹴ったり殴ったりするんでしょ?って話ですが、

それは末端の事象であって、

目的ではありません。

目的は、あくまで生き延びる事を学ぶのが武術です。

学ぶ事の本質は時代が変わっても同じです。

武術の本質は、命の尊厳を作法とする事です。

ですから、殴ったり蹴ったりよりは、

身体を使って、人の気持ちを感じる能力や、

自分も他人も大切にする事を学ぶ事が本質となります。

さて、そうなると現在の悩みでトップにあがるのが、人間関係の問題だそうですが、

現在の武術は、その問題に対してとても勉強になる事がわかるのではないでしょうか?

(^ ^)