TEL 24時間受付 メール問合せ

武術稽古と背中としぼり | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 武術稽古の養人塾 > 武術稽古と背中としぼり

武術稽古と背中としぼり

2017.11.01 | Category: 武術稽古の養人塾

今週の稽古は、

背骨の歪みの感覚を味わうことから始まりました。

 

歪みには、身体、感情、魂気の3つがあります。

 

そこへ床のへ圧と意識によって感じていくことをしました。

とりあえず背中の感覚がないと、手足の連動具合も掴めないので練習が必要です。

 

そこから、外受けや内受け、

上段受けの基本と、応用の幅を稽古しました。

 

お互いの型稽古では、

ガッツんと当てるのから、

だんだんと当てない方向へ練習をシフトしてもらい、

受けた時の感覚を味わってもらいました。

 

さらに、手掴みから

相手を動かす為には、

相手を変える為にはを、

考えてもらいながら、

答えを身体で稽古しました。

 

答えは、自分が動くでしたね。)^o^(

 

相手を変えた後も、放ったらかしにせずに、

最後まで誘導し、ついて行く事を味わいました。

 

サンチンでは、

四肢しぼりで体幹をつくるを一人一人学びましたね。

 

また、基本鍛錬の握りでの意味合いを一つ披露しました。

 

そこから九字や印を使った現象。

 

最後は滝行のミニ再現で、払いをして終了です。

 

滝も雨も天から降りるエネルギーです。

 

空気の汚れを、エネルギー不足を解消するのが雨ですね。

 

 

ありがとうございました。