TEL 24時間受付 メール問合せ

筋肉痛の原因 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 筋肉痛 > 筋肉痛の原因

筋肉痛の原因

2016.07.18 | Category: 筋肉痛

筋肉痛って、結構辛いですが、

これはなぜ起こるのでしょうか?

原因は患部の血行不良とカルシウムにあります。

例えば、

身体を動かしていて、だんだんと疲れて、

酸素不足になると、身体はピルビン酸という物質を乳酸に変えて、酸素の代わりにします。

そして本来動きのパフォーマンスが低下するものを継続させてくれます。

しかし、ずっと動かしていると代謝も早くなり、結果、

しっかりと老廃部も出てきます。

それが筋の繊維に詰まり、更に血行が悪くなります。

これが筋肉痛ですが、

酷くなると、硬くなって筋肉の繊維が切れます。

切れると、筋小胞体(カルシウムを入れている袋)が破れてカルシウムが硬く集まっていきます。

これが筋肉痛の時の痛くて動かせない状態です。

 

では早く治すコツはあるのでしょうか?

実はあります。

治すコツは、心臓に近い側から末梢に向かって血行を良くすることです。

\(^o^)/