紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

身体を疲労させる行為 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 症状の考え方 > 身体を疲労させる行為

身体を疲労させる行為

2015.09.08 | Category: 症状の考え方

身体は自然物であり生身です。

その身体に負担をかける事として、

思いつくままにあげると、

危険具合は違いますが、

まず、タバコ。

そして、砂糖の過食。

これも多いですね、高タンパク食生活。

今では当たり前に取っている西洋化学薬剤の過剰摂取。

コンビニからスーパーまで使っているトランス脂肪酸の摂取。

美味しくなるけど加熱食の過剰摂取。

これも外食多い人は注意、高脂肪型食生活。

現在人は低繊維食。

何度も使用した酸化した油脂を使った食品。

刺激を求めて、過食。

農薬から、ワクチンまで毒性重金属摂取。

携帯からパソコンまで電磁波の被ばく。

どうしても遅くなる夜食。

TVの情報による極端な偏食。

必要以上のアルコール過剰摂取。

まだまだ多いリノール酸過多食。

そのまんま、残留農薬汚染食材。

代謝が下がり肥満。

人間関係による強いストレス。

気持ちよい食べてすぐ寝る行為。

便利な電子レンジの多用。
塩素とトリハロメタンたっぷりの水道水の飲用。
安い物にはほぼ入っている毒性添加物の過食

1日座りっぱなしで運動不足。

部屋にこもり日に当たらない生活

もはや塩と呼べない塩分過多食。

これらの蓄積を解毒してくれているのが、

内臓であり、身体です。

解毒する際にたまるのが疲労。

そして、疲労の蓄積が症状です。

慢性症状の方は、

整体で疲労を回復させ易くしながらも、

少しずつ疲労させる行為を減らしてみる事も大切ですね。(^ ^)