紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

うつ病と副腎疲労 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 副腎疲労 > うつ病と副腎疲労

うつ病と副腎疲労

2019.05.19 | Category: 副腎疲労

ついこの前うつ病と診断された男性がTMS磁気刺激治療をされるとのことで、

それってどうなのか?と相談されました。

 

TMSは左の前頭葉に刺激をして、

血流を良くする事で、

扁桃体への刺激過多を防ぐ。
事を理由にやってるみたいですね。

特に左前頭葉。

NHKでも取り上げられて、
信用度が高くなったみたいですが。

 

血流をよくするだけで治るなら、

オステオパシーのクラニアルだけで治るという位の状態に近い方なんじゃないでしょうかと思います。

 

うつ病には副腎疲労がかくれているんですが、

 

副腎疲労は結果なんですね。

 

副腎が疲れるまでには、

様々なストレスの積み重ねの歴史があって、

 

それこそ、

睡眠不足や、

アルコール依存や、

仕事や家庭での24時間続くプレッシャー、

上咽頭や気管支、腸管や歯の慢性の炎症、

不規則や食事内容の悪化。

 

の連続した積み重ねが必要であり、

 

さらに、

1.ワクチン後遺症

2.慢性栄養素欠乏

3.砂糖中毒

4.食品添加物暴露

5.農薬慢性暴露

6.教育やしつけの問題

7.家庭内不和の影響

8.教員や周囲による強制的診断

9.電磁波や放射線の慢性暴露

10.いじめ、虐待などの影響

11.遺伝的問題

12.産婦人科的問題に付随した高次脳機能障害

などが隠れているわけで。

 

それらを無視して、

血流だけで治る時代では無くなっていると思います。

 

 

一時的にでも良くなれたら良いのか?

ということでもなくて。

 

症状を詳しく聞いて、
血液検査をしてもらい、
なおかつ身体の歪みや、

現在の状態を把握して、

地道にコツコツと挑んでいくのが近道だとは思います。

副作用は少ないに等しいとしても、

なんせ磁気刺激は脳ですから。

 

身体と、エネルギーと、思考の3つの改革が必要です。