紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

側弯症と左腰のくびれ直し方 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 側弯症,小児へのアプローチ > 側弯症と左腰のくびれ直し方

側弯症と左腰のくびれ直し方

2015.08.08 | Category: 側弯症,小児へのアプローチ

脊柱側弯症の女性は、

ほとんどが、左腰にくびれがありません。

これは、腰、腹を高く伸ばす習慣、

シッカリ立てる癖が身についてないためです。

姿勢とは、重力に対する身体の構え方です。

その習慣の良し悪しが問題となってきます。

側弯症でなくても、

腰の、腹の構え一つで

歩きかたから、立ち姿が変わります。

武術では、構えで脳から動きを作っていきます。

結局、側弯症にコルセットなどをつけても、本人に、シッカリとした習慣が無ければ症状は、悪化し易いです。

癖の直し方としては、

頻繁に2分間程、背すじを伸ばして、

右肩を後ろに回して、

上から見て胸を左に回す事を意識して続けると、だいたい2週間くらいでなんらかの改善結果が出てきます。

 

ただし、側弯症は早期発見が大切です。

わからない場合は、すぐに当院にお問い合わせ下さい。