紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

それで何をしたら良いのかな? | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > サプリメントの,内臓疲労,食について > それで何をしたら良いのかな?

それで何をしたら良いのかな?

2018.09.10 | Category: サプリメントの,内臓疲労,食について

サプリが効いてない理由は、

 

ほかには、何が考えられますか?

 

結構多いのが、個体差。

 

 

愛情とかと同じで、

 

その個人、身体に必要な栄養素の量は、

その個人個体によって違っているということ。

 

病気がちな人なんかには、その状態は強く出ているはずです。

 

例えばどこかに慢性的な炎症をお持ちな方は、

その炎症を抑えるための栄養素がたくさんいりますしね。

 

そもそも人は、血管の膜の摩擦によって

炎症はほっておけばたくさんできますが、

度々にその炎症を抑える物質も同時に出して抑えています。

 

その摩擦量が多いと、

それを押さえる栄養素はたくさんいりますよね。

 

 

摩擦量を減らすには?を考えると、

 

血管や膜を柔らかくするとかな。

 

その為には、

油脂はどんなものが良いのかを考えたり、が必要です。

 

油脂は膜になり、細胞の中や外の栄養素の通過性が関わってきます。

 

細胞に栄養をとなると、

 

一番考えるのはミトコンドリア。

 

ミトコンドリアを元気にするとは、

抗酸化対策をしっかり考えるということ。

 

栄養素的には、

コエンザイムQ10とか、NADHとか、を積極的に摂取しながらビタミンB郡をバランス良く入れる。

マグネシウムや亜鉛、鉄は取り方に工夫しながら。

 

また、

軽い筋トレはミトコンドリアの数が増えるので必須ですし、

ウォーキングや、朝日を浴びたり、シャワーじゃなくて入浴したり、

嫌じゃなきゃ寒中水泳したりするのもいいです。

 

疲れやすいが特徴である

疲労症候群。

 

代表的な

副腎疲労や、甲状腺機能低下や、鉄欠乏性貧血や、がんなどの方など、

 

すべて、

 

ミトコンドリア機能低下によるエネルギーが足りないということが細胞には起こっていますから。

 

エネルギー需要の考えは大切です。

 

 

 

油脂は長くなるので、また今度。