紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

ひきつけを起こす原因とクセ。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ひきつけ,定期ケア,小児へのアプローチ > ひきつけを起こす原因とクセ。

ひきつけを起こす原因とクセ。

2018.08.09 | Category: ひきつけ,定期ケア,小児へのアプローチ

てんかん、ひきつけ。

 

それらの栄養面のお話しはしてきましたが、

 

今日は簡単なクセのお話しをします。

 

てんかんやひきつけを起こす大人や子供の特徴として、

 

考えすぎる頭の使い方、

クセがあります。

 

 

それはいわゆるインプットの量が多いということ。

 

インプットしたら、同じだけアウトプットするのが自然の流れですが。

 

 

がぜん、

アウトプットの量は少ないのです。

 

 

 

すると身体は自動的にアウトプットさせることがあります。

 

人の場合、アウトプットととは、

筋肉を使うということ。

要するに身体を動かすということですね。

 

これが、

勝手に意識と関係なく、

部分的に起これば、ただの筋肉収縮ですが。

片側や全身に起これば、、、

 

 

対策は、考え方のクセを改めるということになりそうですが、

 

これも時期が来ないと多分起こりません。

 

 

では、簡単な情報としては、

 

筋肉を先に使う量を増やす。

 

良く歩き、良く遊ぶ。みたいな感じです。

 

 

そして、栄養面のバランス。

 

これが解決の糸口です。

 

ちなみに、

子供の場合は、母親が見本を見せることが大切になります。

 

動物の場合は、散歩の量を増やしましょう。