紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

生理不順と色彩 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ストレス,セルフケア法,生理痛,自律神経症状 > 生理不順と色彩

生理不順と色彩

2018.04.05 | Category: ストレス,セルフケア法,生理痛,自律神経症状

生理不順は、ホルモンのアンバランスが一番の原因ですが、

 

ホルモンの材料はコレステロール。

 

これがしっかり作られているのか?

肝臓がちゃんと働いているのか?

 

この辺はチェックが必要です。

 

視床下部や卵巣だけの問題ではないからですね。

 

もちろんその元凶には、

自律神経を不安定にさせるストレスがあったかどうかも根っこにあります。

 

そんなストレスですが、特に排卵前後はどうだったか?は大切です。

 

何故ならば、ホルモンの変動が激しい時期だからです。

 

月経は形で現れるからわかりやすいですが、

 

生理学のグラフを見ればわかりますが、
体感的には排卵は結構わかりずらくて、スルーしやすいです。

オリモノの量や、

体温をはかっていればわかりますが。

 

そんな排卵前後は、

何か仕事や勉強、人間関係で、ものすごく我慢させられるような抑圧系のストレスにはとても敏感になります。

 

普段から、

のびやか、
開放感、
素直な気持ち

で生活出来ていれば、生理不順とは無縁でしょうが、

そうもいかないならば

 

そんな、のびのびと開放的で、純で素直な気持ちにさせる色を取り入れてみるのは、

簡単かも知れません。

 

肝臓の負担を減らす色は

白色です。

 

まずは体温が上がる排卵期を見つけて、

 

その前後は白色の服などを中心にコーディネートする良いですね。