紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
MENU
初めての方へ 料金

Blog記事一覧 > 病気のサイン,認知症 > 咀嚼と認知症と背中の硬さ。

咀嚼と認知症と背中の硬さ。

2018.02.27 | Category: 病気のサイン,認知症

認知症になりかけているかどうか、

もちろん、栄養面や、腸の状態は関係しますが、

神経的な外見からの判断の話をします。

 

 

普通に食事をしていると、

健康な人は頭は止まって顎が上下に動きながら咀嚼しています。

 

しかし、背中のゆらぎが無くなり、

硬くなっていく高齢者の場合、

それが頭に入ると、顎ではなくて、頭が上下して咀嚼し始めます。

 

そうなると首の詰まりは相当なものなので、

脳への血流不足から細胞の代謝が低くなり認知症となります。

 

背中のゆらぎがいかに大切かという事ですね。

当院へのアクセス情報

所在地〒532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里3-4-10-103 浜口マンション
駐車場
電話番号06-6305-1401
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
※お電話は、受付時間内での対応となります。
休診日木曜、日曜、祝日(臨時受付日有)