紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

老化と痛み | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > その他,症状の考え方 > 老化と痛み

老化と痛み

2015.07.22 | Category: その他,症状の考え方

おはようございます。

よく、歳だから、老化で痛みがでてるんだと言う話を聞いた事があると

思います。

しかし、老化している事が直接痛みにつながることはありません。

何故なら、

老化してる所は、神経も老化しているので敏感には反応できません。

しかし、その周りの組織は循環が悪くなり、疲労もしやすく、症状変化はおこしやすくなってます。

 

例えば、腎臓が老化したとしたら、

関連筋肉も老化、硬化していて、症状も感じにくくなります。

しかし、この様になると、

痛みはないけど、動けない。

腰が曲がってくるという方向になります。

 

老化を防ぐには、日頃から体液(脳脊髄液、血液、リンパ液など。)循環を高めること。

そして、神経を活性化していく。

 

自分での取り組み方として、足首をしっかり動かす。といいですね。
姿勢よく歩くとかもいいですね。