紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

脊椎の曲がりの虚像 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 当院の特徴,症状の考え方,背中の症状 > 脊椎の曲がりの虚像

脊椎の曲がりの虚像

2015.07.20 | Category: 当院の特徴,症状の考え方,背中の症状

脊椎の曲がりないし硬さは、

内臓からの反射によって起こった

緊張です。

決して背中の問題ではありません。

内臓の背中への反射をとると、

バランスが崩れ、本当の歪みを

背中に現します。

しかし、

逆に自律神経の働きが、かなり

低下している場合は、背中の全ての筋肉が硬くなって、歪みが消えて見えます。

ですから、当院では、背中のみで、全体を見るのでなく、また別の反射区を使いながら、全体を観ていきます。