紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

方向性と認識と治癒率の違い | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 症状の考え方,痛みについて。,腰痛 > 方向性と認識と治癒率の違い

方向性と認識と治癒率の違い

2017.11.28 | Category: 症状の考え方,痛みについて。,腰痛

11月は寒さによる刺激がきっかけで、

ギックリ腰の方が立て続けに友人のご紹介で来院されました。

 

最初のお一人は、初回からあっ、ラクになってる、

あっ、さっきと違うという感じでみるみる顔色も良くなり動きも改善されました。

 

もうお一人は、まだ痛い、楽になったけど痛みがこっちにある、まだ痛みが残っている。という感じで、痛みがゼロになるかあるかに意識が向かれてました。

 

1週間後に、また同じように診させていただくと、最初の方は次の日もほとんど痛みはなく、普通に生活が出来るとの事で、次は再発予防のために定期的なケアのご予約で帰られました。

 

後者の方は、同じように痛みがある残っているとだけ述べられ、なんとかしてくれと言われてました。

 

症状のキツさはは同じような度合いでしたが、何故違いがでるのか?

 

それは方向性が一致しているかどうかによります。

 

例えば、車や自転車の運転中に、

右に曲がるとします。

その時に右を向きながら曲がるのか?

左を向きながら曲がるのか?

 

右を向きながら曲がりますよね。

 

人は向いてる方向に進むようにできています。

 

ギックリ腰の場合も同じことで、

痛みが、さっきと比べて楽になった方向をみるのか、

痛みがある残っている方向を見るのかで、

 

進む方向が決まります。

 

それは脳の認識は変わるからです。

 

痛みは脳の認識が必要です。

痛みの改善も脳の認識が必要です。

 

これは、何にでも応用できる事ですが、

後者のお客さんは、今までに教えてもらったことが無かったそうです。

 

教えてもらってすぐ出来るのか?と言われれば、やったことがないならばそれは難しい人がほとんどでしょうが、

 

自転車が乗れるならば、後は意識の問題です。

 

残っている痛みにだけフォーカスするんじゃなくて、

さっきよりも楽になっているところにフォーカスする。

その事が治癒を、回復を、

高める事を知れば、

やろうとする気が起きると思います。

 

 

後者の方も納得して?帰られました。

 

また来週が楽しみです。