紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

股関節と婦人科疾患。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > マタニティー,不妊施術,冷え症,生理痛,痛みについて。,股関節 > 股関節と婦人科疾患。

股関節と婦人科疾患。

2017.05.29 | Category: マタニティー,不妊施術,冷え症,生理痛,痛みについて。,股関節

妊娠の初期から足の付け根や股関節が痛くなる方は多いですが、

先日は妊娠されてないですが、

不妊施術で婦人科のお薬を投与中に股関節痛と嘔吐をされた方がこられました。

 

股関節の痛みの原因と考えられるのは、

黄体ホルモンと、リラキシン。

黄体ホルモンは、赤ちゃんの成長をサポートするため、

子宮の筋肉を緩ませたり骨盤の関節を緩ませる作用があります。

妊娠中や排卵後の便秘も、

黄体ホルモンが腸を動きを緩くするのが理由だと言われています。

 

リラキシンは、赤ちゃんの出産準備のために、産道を通りやすくするため、骨盤の前方にある恥骨結合を緩ませる働きがあります。

 

黄体ホルモンやリラキシンなど、

ホルモンの作用によって関節が緩んでくると関節の周りの筋肉が緊張して足の付け根の痛み、股関節痛、腰痛がでやすいですね。

 

また、生理時の左下腹部の痛みも結構多い症状です。

 

この場合は、大概は子宮が左に歪んでいる事が多いです。

その原因は右の肝臓だったりします。
そして左に押し込まれた子宮や左の卵巣、腸の状態が悪くなり左下腹部の辺りに痛みが出やすくなります。
股関節や下腹部辺りの痛みを改善するには?

 

先ずは何が必要以上に子宮を歪ませているのか?を考えます。その上で子宮の歪みを整えて、ホルモンのバランスを整えることが大事です。
また、内臓以外にも、骨盤やそれに付着している靭帯も視野に入れます。

子宮は骨盤と靭帯で繋がっています。

歪むと子宮も曲がってしまうからです。

 

痛いからと薬で症状を抑えるのは楽ですが、

もっと慢性化する可能性があります。

 

全体をみる習慣が大切ですね。