紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

自律神経の不調や眠れないならば、 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 不眠症,五十肩,内臓疲労,冷え症,疲労,睡眠,腰痛,自律神経症状 > 自律神経の不調や眠れないならば、

自律神経の不調や眠れないならば、

2017.05.27 | Category: 不眠症,五十肩,内臓疲労,冷え症,疲労,睡眠,腰痛,自律神経症状

5月ももうすぐ終わりますね。

 

この時期は、やはり自律神経系からくる症状が多くなります。

 

 

鬱や不眠、頭痛に首痛、腰痛。

4月ころからじわじわ表現されてきますね。

 

ちゃんと眠れてるつもりでも、

特に夜にしっかりと眠れてない人は朝になっても中々疲れは回復しません。

スマホをいじりすぎたり、

電磁波を浴びて神経が興奮すると、寝ていても深い眠りに入れないんですね。

 

 

だからと言って、抗うつ剤や、睡眠薬を飲むことはあまりお勧めではありません。

 

抗うつ剤や睡眠薬はあくまで一時的な解決策であり、脳を強制的にリラックスさせるに過ぎないため、根本的な解決には決してならないのは想像がつくかと思います。

 

頭の内圧を下げる整体を受けたり、

背骨の自律神経のバランスを調整したり、

 

休みの日には、

なるべく山や川など自然なものに触れに行くのが一番ですが、

 

まあ、そんな時間のない方に、

 

抗うつ剤や睡眠薬の代わりに是非試してもらいたのがあります。

 

自然の力で快眠を手助けしてくれるナチュラルなバナナティーです。

 

結構簡単に自宅でつくれますよ。

 

材料は、

バナナ 1本と、水 約500 ml位です。

そんだけです。

作り方は、

鍋で湯を沸かし、バナナの両端を切って、皮をつけたまま10分ほど茹でます。

 

後は、茶漉しを使ってマグや湯のみに注ぐだけです。

お好みでシナモンを加えても良いです。

茹でたバナナも食べれることができます。

スライスしてお茶を注いだマグに加えても良いでしょう。

 

バナナを丸ごと茹でるので、先にキパワーソルトや水素水なんかで、農薬は浮かして置いたらもっと良いですが。

そこはお任せします。

 

仕組みは、バナナに豊富に含まれているカリウムとマグネシウムには、筋肉をリラックスさせる効果があるんですね。

 

特に、マグネシウムは脳を落ち着かせてくれる抑制性神経伝達物質GABA(ガンマアミノ酪酸)の機能に不可欠な成分です。

 

入眠前に摂取することで、睡眠が途切れるのを防いでくれます。

 

マグネシムは、不眠症関連で最も多く表れる睡眠には欠かせない栄養なのです。

 

難しい事は考えず、

自宅で作れり入眠ドリンク。どうですか?(^ν^)