紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

寝すぎは注意。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > めまい,五十肩,,痛みについて。,電磁波問題 > 寝すぎは注意。

寝すぎは注意。

2017.05.24 | Category: めまい,五十肩,,痛みについて。,電磁波問題

寝ても寝ても眠い。

で、

めっちゃ寝るけども、

 

寝すぎで疲れる。

 

寝すぎで身体がダルい。

 

何故かと言われると、

 

それは、

寝ている時や、

なにもせずにぼんやりしている時の方が、

脳では大量のエネルギーが使われているからです。になります。

 

具体的には、

通常、起きている時に思考したり、話したりしている時に使われているエネルギー量は、脳が消費するエネルギーの約5パーセント程。

傷付いた神経細胞の修復に約20パーセント。

残りの75パーセントは寝ている時に使われているそうです。

 

何に使われているのかはまだまだわかりませんが。

 

 

それだけのエネルギーが使われているという事は、体内の静電気の発生も多くなりますが、

 

お布団は絶縁体なので、寝ているとだんだん

静電気は常なたまり続けます。

 

たまった静電気は血流をドロドロにし、肌の老化や関節痛、むくみなどにつながります。

 

ですから、途中に起きて水を飲んだり、トイレで手を洗ったり、植物を触ったりする事は、悩む事ではなくて、

今現在できる最良のとても素晴らしい行動と言えます。

 

連続の睡眠時間は、大体8時間がベストですね。

 

休みの日だからとダラダラ寝ているのは逆に疲れてしまいますよ。

 

どうしても眠いなら、一度起きて、

途中で30分程仮眠を取るのが良いかもですね。