紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

北枕と睡眠 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > その他,冷え症,睡眠,電磁波問題 > 北枕と睡眠

北枕と睡眠

2017.05.23 | Category: その他,冷え症,睡眠,電磁波問題

地球は大きな磁石で、

北極はS極で、南極がN極ですが、

磁石という事は、磁力線というのが走っています。

 

磁力線は磁場が作り出す力の流れです。

目にはもちろん見えませんが、

小学生の時に紙の上で鉄粉が動く遊びをしたと思いますが、

あれも磁力線にそって並びます。

 

磁力線はN極からS極に走るので、

地球規模にしても、南から北に走ります。

 

寝る時には、その目に見えない磁力線の中に横たわっているという事です。

 

西や東向きに寝ると、磁力線が身体の磁力線を横切る形になります。

そうすると血管内で静電気が発生しやすくなります。

 

では、南枕は大丈夫か?ですが、

血流の関係上、心臓位置関係で、

北枕が一番静電気を発生しにくいみたいです。

悪くはないですが、北枕だと、

いわゆる頭寒足熱になるんですね。

 

ちなみに、グーグルアースで世界中の牧草地308ヶ所、牛8510頭を調べたら、

その大半は北か南を向きに寝ていたそうです。(^^)

 

不思議ですねー。

 

もっと不思議なのは平面的世界地図。

勉強会の席で聞いた話なんですが。

地球は球体だと思っていますが、

本当は平面なんだって説。

 

磁力線から考えるとありえないですが、

面白い考えですよね。

なんだその説!新鮮すぎやん!と、

一瞬盛り上がりました。

 

重量も、平面地球が上方へ上がっているからだとか。

想像力ってすごいですね。

まあ、実際に地球が平面だったとしても、

身体が楽になるのは北枕だから、

睡眠には北枕をお勧めします。(^^)