紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る
MENU
初めての方へ 料金

離婚の原因は電磁波?

2017.04.29 | Category: どうにもならない問題。,カウンセリング,自律神経症状,電磁波問題

夫婦のすれ違い、

触れ合う事がなくなって

会話をするたびに自己主張の一方通行。

お互いイライラがつのり、

もう理解し合うエネルギーもない。

 

この原因に電磁波が関与している事があるのです。

 

もちろん、なんにでも言える事ですが、電磁波だけを一つの原因にするのは早合点ですが、

 

色々努力したが、どうもなんともならないというパターンには電磁波対策をしてみる事で、離婚の危機が防げるかもしれません。

 

そもそも、電磁波障害で特に作用するのは前頭葉という、オデコの部分です。

 

前頭葉は、言語を司ったり、胃や肝臓に作用する場所です。

 

その前頭葉が電磁波を受ける事で血流が悪くなると、どうなるのか。

 

他人の言語を読み解く余裕は無くなり、

自分が発する言語は荒くなり、

言霊はマイナスに働き、

胃はキリキリ、

食欲は増加。甘い物が欲しくなる。

イライラし出して肝臓はどんより。

目はショボショボ。

プラスイオンをかぶり、静電気バリバリ。

カルシウムは流れ消化され、

あちこちが痛む。

とんでもない霊障を集め、

ひどいとヒステリー的なノイローゼ気味になり、

疲労は取れない。

 

が起こるわけです。

 

そんな状態で夫婦の関係を頑張るには相当な努力や、悟り、経験値が必要になるでしょう。

 

しかし、自宅の電磁波障害対策を施すことで、それらの条件がリセットされるどころか、プラスに変わる事もあるらしいのです。

 

これはすごい事だと私は思います。

 

当院へのアクセス情報

所在地〒532-0028 大阪府大阪市淀川区十三元今里3-4-10-103 浜口マンション
駐車場
電話番号06-6305-1401
予約お電話・ネットでのご予約が可能です。
※お電話は、受付時間内での対応となります。
休診日木曜、日曜、祝日(臨時受付日有)