紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

歯磨きはいつするのが良いか? | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 歯について > 歯磨きはいつするのが良いか?

歯磨きはいつするのが良いか?

2017.02.22 | Category: 歯について

歯を大事にすれば良かった。

これは、先日歯医者に行った際に知った60以上の方々の、

後悔No.1のアンケート結果です。

 

因みに2位からは、

運動をしてれは良かった。

毎日ちゃんと歩いていれば良かった。

間食をやめておけば良かった。

タバコをやめておけば良かった。

などでした。

 

食事や運動に関する後悔が多いみたいですね。

 

これを読んで益々、歯を大事にしようと心に感じました。

 

で、その歯なんですが、身体ととても密接に関連していて、病気や痛みの何割かは歯が関与している事が分かっています。

ですのでしっかり学ぶ必要があります。

 

しかし、歯については実は結構間違った情報が世間では出回っています。

ので私の知っている歯の情報を少しずつ書いてみたいと思います。

 

先ず、、今日からできる簡単な事。

歯磨きは、食後30分空けてからする。です。

 

これは、食事を取った後に歯に着いた酸性の食べ物は歯の表面のエナメル質を柔らかくする性質があります。

ですから、この状態で歯磨きをするとエナメル質が徐々に削られてしまうんです。

 

しかし、30分以上経つと、唾液によって歯のエナメル質を修復する再石灰化が作用し始めます。

 

ですから、出来るだけ30分空けて歯磨きをしてみましょう。