紹介する TEL
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

人工授精は妊娠率下げてしまう。 | 大阪市・淀川区・十三元今里・十三駅│荻野接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 不妊施術 > 人工授精は妊娠率下げてしまう。

人工授精は妊娠率下げてしまう。

2017.01.16 | Category: 不妊施術

人工授精は、卵子の近いところに精子を入れるので妊娠率は少しでも上がるはず。

と、

思っている人がいますが、

実は人工授精法はほとんどが逆にせっかくの妊娠率を下げてしまいます。

 

というのも、人工授精では洗浄、濃縮処理をして、妊娠に必要な精子だけを精液と選り分けなくてはなりません。

この人工作業の際に、

ちょっとした薬品を使ったり、

遠心分離器で精子を強制的にグルングルン回したりしますので、精子が傷ついてしまい、

処理前の精子よりも寿命に差が出てくるんですね。

 

人工授精が効果的なのは、

セックスレスか、卵管に問題がある場合。

 

ですから、フーナーテストで問題がないならば人工授精法は必要ないですね。

タイミング法から人工授精にステップアップするというのは必要ない事を頭に入れましょう。